MovieNEX「美女と野獣」 PR

MovieNEX発売記念 超特急「美女と野獣」の世界へ|ユーキ、ユースケ、タカシがガストンに変身? 吉原光夫(吹替版ガストン役)の歌唱レッスンを体験

ディズニー・アニメーションの不朽の名作を実写化した「美女と野獣」のMovieNEXが10月4日にリリースされた。「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンを主演に迎えた本作は、日本で4月に封切られて以降多くの観客を魅了し続け、興行収入120億円を突破。邦画・洋画あわせて2017年の国内ナンバーワンヒット作となり、さらに世界興収でも2017年の1位を記録している。

ナタリーではMovieNEX発売を記念して映画、音楽のジャンルで特集を展開。音楽ナタリーでは、日本語吹替版でガストンを演じた俳優・吉原光夫による劇中歌「強いぞ、ガストン」の歌唱レッスンを企画した。このレッスンを体験するのは超特急のユーキ、ユースケ、タカシの3人。歌が大好きなユーキ、ユースケと超特急を歌声で支えるバックボーカルのタカシは、兄貴肌の吉原の“熱血指導”のもと、ミュージカル歌唱の極意を学ぶべく奮闘した。3人はパワフルなプレイボーイ・ガストンになりきることができたのか? 特集後半には「美女と野獣」をテーマにしたソロインタビューとフォトギャラリーも掲載。「美女と野獣」の世界に飛び込んだ3人の姿を楽しんでほしい。

取材・文 / 三橋あずみ 撮影 / 須田卓馬 映像 / 上山陽介、MINORxU

歌唱レッスンレポート

この日が初対面の超特急と吉原。レッスンの冒頭、スタジオには「僕たちは、超特急です!」というユーキ、ユースケ、タカシの元気な挨拶の声が響いた。準備を整えると吉原は「さっそく歌ってみましょうか」と3人の歌唱力をチェックすることに。タカシがガストン以外のパートもフォローしつつ、超特急の3人は「強いぞ、ガストン」をまっすぐに歌ってみる。

左から吉原光夫、ユーキ、ユースケ、タカシ。「強いぞ、ガストン」を歌うユーキ、ユースケ、タカシ。
吉原のレクチャーを受けて、振りを付けながら歌う3人。

吉原の“熱血指導”は、3人に楽曲の背景を伝えるところからスタートした。「この曲は、ル・フウによってガストンが自分のプライドやアイデンティティを取り戻していく歌なんです」と曲を説明すると、吉原は「だからまず元気なほうがいい。元気よく! あとはデカい声を出す!」と3人にレクチャー。そして、うぬぼれ屋のプレイボーイであるガストンらしさを表現するため、歌うたびに“カッコつけたポーズ”を取るという課題をダンサーのユーキとユースケに投げかけた。

超特急の全力歌唱にほほえむ吉原光夫(左)。

超特急の3人はさっそくこれを実践し、大きな振りを付けながらエネルギッシュに曲を歌い上げる。想像を超える大音量に思わず笑ってしまった吉原は「いいよ!」と曲中に声をかけていた。ここから吉原はパートごとに細かな表現のコツを説明していき、「『驚異的だ』はたっぷり響かせるように歌ったほうがいい。『俺に狙われた獲物は』は、ねちっこく。『元気がでたぜ』のところは、もうしゃべっちゃっていいよ」と3人に伝える。タカシはこまめにメモを取りながら、ユーキとユースケは実際に体で表現してみながら、吉原の言葉を取り込んでいく。

吉原光夫(左)がお手本の歌唱を披露。相手役はタカシ(右)。

ここで一度、吉原が“お手本”の歌唱を披露することに。超特急の喜ぶ様子に照れ笑いを浮かべた彼は、ル・フウのパートを歌う相手役にタカシを指名した。吉原が「いいですね、タカシくんと歌えるなんて」と言うと、タカシは「緊張する。光栄すぎる!」と恐縮。しかしながら曲を歌う2人のコンビネーションは抜群で、ユースケは「息ピッタリじゃないですか!」と驚きの声を漏らすほど。吉原も「僕ら、合いますね。初めてじゃない感じがした。タカシくんはル・フウのパートのほうが合うかも。ル・フウのほうが、レンジが高いんですよ」と印象を語り、この言葉にタカシは「ボーカルやっててよかった……」と喜びをかみしめる。吉原はさらに「声がとても甘いから、野獣役でもいいかもね。(オーディションの)予選通過するでしょう」と太鼓判を押し、ユーキとユースケは「やったあ! タカシ、デビューしようぜ! 『美女と野獣2』があったら、オーディション受けよう!」と盛り上がっていた。

細かなパートの表現まで詰めていく4人。

ここからはより完成度を上げるため、ユーキとユースケがガストンパートを交互に歌い、タカシがル・フウパートを仕上げていく。「ああ」「かまわん」といったようなたったひと言のセリフにも力強い表現力が必要で、その難しさにユースケは「いやあ、ボーカルになりたい!」と思わずつぶやいたが、吉原のアドバイスを受けながら何度も果敢に挑んでいた。また、ユーキとユースケは「かまわん」のセリフに自分たちで付けたポーズがお気に入りの様子で、歌うたびに自信満々に「かまわん!」と手振りをする。吉原は「それ、なんなの?(笑)」とツッコミを入れながらも、目尻を下げて2人の様子を見守っていた。

実際に歌いながら3人にレクチャーする吉原光夫(左)。

レッスンも終盤になると、吉原はステージ上で役に立つ、より実践的なアドバイスも3人に伝授。「お腹に口があるような意識で声を響かせるといいよ。首から上だけで出す声にならないように。あと息が上がってきちゃったら、子音を強めるように発音すると、お客さんに届きやすくなるよ」といったような発声のコツに、3人は「へええ! メモ! メモしよう!」と言いながら耳を傾けた。ラストの仕上げの歌唱は4人全員で。ル・フウパートを歌うタカシとガストンパートを歌うユーキ、ユースケ、吉原は軽快にリズムを刻みながら楽しげに歌声を響かせた。吉原は、練習の成果を発揮した3人を「かなり男前な声になりましたね!」と評価し「めっちゃ楽しかったです」と伝える。ユースケが「僕らもミュージカルに挑戦したくなりました」と言うと、吉原は「ミュージカルにもダンサーは出ているし、近頃はいろんなダンサーが必要とされているんですよ。なので、ぜひ!」とコメント。吉原の言葉に3人は「超特急、これからもいろいろなことに挑戦していきたいね」と笑顔でお互いの顔を見合わせていた。