音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「ずっとずっと一緒に走り続けよう!」超特急、8号車とともに夏ツアー完走

727

超特急(撮影:米山三郎[SignaL])

超特急(撮影:米山三郎[SignaL])

超特急が昨日8月28日に東京・渋谷公会堂で全国ツアー「BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015~fanfare to you.~」のツアーファイナルとなる追加公演を実施した。

今回のツアーで超特急の7人は、サブタイトル「fanfare to you.」(ファンファーレをあなたに)に「8号車(超特急ファンの総称)へエールを送る」という思いを込め、全国で公演を行った。全10公演のツアーの終着地点となったのは、超特急が12月23、24日にワンマンライブを行う国立代々木競技場第一体育館に近接する渋谷公会堂。満員の8号車が集まったこの会場で、7人は今夏のステージの集大成となる熱気あふれるパフォーマンスを展開した。

開演時間を迎えると「overture」に乗せメンバーのシルエットが順番に紗幕に映し出される。舞台が照明に照らされると、ステージ上の階段に7人の姿。コーイチの「帰ってきたぜ、東京! 行くぞ!」という言葉を合図に彼らは「Shake body」でライブをスタートさせ、サビで切って落とされた紗幕の奥からメンバーがステージ前方へと飛び出すと、8号車の大歓声が響いた。

7人は「Superstar」「Make it hot!」とアッパーチューンをたたみ掛けて会場の熱を急上昇させる。「Make it hot!」では「超特急!」のコール&レスポンスが起こり、タカシは「8号車熱くなれ!」と力強く客席を煽った。続く「バッタマン」ではセンターのユースケが冒頭で「フォーーー!!」と絶叫。気合いがみなぎるパワフルなダンスで、メンバーと同じ振りを踊る8号車を先導した。

最初のMCでは自己紹介が行われ、ユーキは「男! 女! 今日もみんな? We are happy! ハッピーにさせます、ユーキです!」、ユースケは「追加公演も元気に……すけちゃんぽー!」と、このツアーの中で“アップデート”された最新版の自己紹介をそれぞれ披露する。またガリガリ担当のリョウガは、今ツアーの裏テーマが「やせるライブ」であることを8号車に説明。オーディエンスに手を挙げさせて“二の腕チェック”をすると「ヒャー! これが俗に言う『プル号車』!」と辛口コメントで会場をざわつかせ「今日この“ガリザップ”にお越し頂いた8号車は、『プル号車』から『ガリ号車』になっちゃいます!」とライブに積極的に参加することを8号車に勧めた。

「スターダスト LOVE TRAIN」からスタートしたパートでは、超特急のクールな一面にスポットが当てられる。ダンサーの5人がスピーディなフォーメーションダンスを披露した「We Can Do It!」の終盤ではメンバーが横1列になり、衣装のスタジアムジャンパーを使ったセクシーなジャケットプレイで一層の歓声を誘う。彼らがジャンパーを脱ぎ去ると、カイの「まだまだ声出して行こうぜ」という言葉からソロダンスがフィーチャーされる「Kura☆Kura」へ。続く「Kiss Me Baby」では華麗なバック転を決めたユーキがカメラ目線で8号車へウィンクを投げ、会場には8号車の黄色い声が響いた。

また中盤には会場の8号車を上手側と下手側の2チームに分けて「声出し対決」が行われるシーンも。ロマンチストの一面を持つタカシによって、タクヤ、ユーキ、ユースケが引っ張る上手側のチームは「ギュっとして捕まえようそのくちびーるチーム」、コーイチ、カイ、リョウガが引っ張る下手側のチームは「俺も言いたい『I love you baby』チーム」と命名され、2つのチームはオリジナルのコール&レスポンスを披露して声の大きさを競い合った。1人、異彩を放つ方法で8号車の大歓声を生み出したのはタクヤ。彼は「はい、みんなでチュー顔!」という呼びかけと共に、目を閉じて自身の“チュー顔”をカメラにアピール。続けて客席を見渡して「はい、みんなかわいいね、OK!」と8号車に笑顔を向け、8号車のみならずほかのメンバーからも「ギャー!」と歓声を集めていた。

声出し対決の後に披露された「Secret Express」では8号車のコールにも一層熱がこもり、ダンサーの5人も8号車のコールに合わせて声を上げる。コーイチが「まだまだ夏は終わってないよ!」と呼びかけるとステージは「Summer love」へ。ダンサーが踊りながら笑顔を弾けさせるこの曲で、コーイチも笑みをたたえながら客席へウィンクを飛ばし「I love you baby」とつぶやいてみせた。コーイチとタカシが伸びやかな歌声を響かせた「EBiDAY EBiNAI」では、8号車も柔らかな表情で彼らの声に耳を傾ける。タクヤによる情感のこもったソロダンスで幕を開けた「Billion Beats」のパフォーマンスではカイ、リョウガ、タクヤが次々にステージの中央に立って一層の歓声を求め会場をさらに盛り上げる。リョウガは会場全体に目を配り「上のみんなも一緒に!」と声を振り絞った。

ラストスパートを前にコーイチはMCで、ツアーのサブタイトルに込めた思いについて語る。彼は「3周年の今年、僕らはいろんなことをやらせてもらっていますが、それは本当に8号車のおかげだと思っています。だからこのツアーは、僕たちが8号車に元気や笑顔を与えられるものにしたいと思い、このサブタイトルを付けました」と説明した。そして「このツアーにぴったりな曲を」という彼の紹介から、ツアーのテーマ曲である「fanfare」がプレイされる。7人はステージを大きく使って表情豊かに躍動し、8号車はコーイチとタカシのボーカルにコーラスの声を重ねた。コーイチが「8号車大好きー!」と叫ぶと、キャノン砲が放たれて銀テープが会場を舞う。舞台上と客席が大きな多幸感に包まれる中、ステージはラストナンバーの「Burn!」へ。この曲のセンターを務めるユースケは全力でダンスを踊りながら「もっともっと!」と客席を煽り、メンバーと8号車はサビで一緒の振りを踊って会場を揺らした。そして「Burn!」の恒例である曲中のじゃんけんでソロパートの歌唱権を勝ち取ったのは、今回のツアーの初日に足をつってしまい、この曲にだけ参加できなかったユースケ。彼はステージの真ん中に立つと「♪振り切った限界をまた乗り越えて 僕は強くなる」と力強いまなざしでまっすぐに曲を歌い上げ「東京最高だーーー!!!」と絶叫した。

8号車の「超特急!」コールに迎えられアンコールのステージに立った7人は、最新のナンバー「Beautiful Chaser」でステージを再開させた。この曲を終えると、リョウガが「アンコールありがとうございます」と客席に感謝を伝える。そして彼は「次の曲は僕の大好きな曲です。夢は見ません。つかみ取ります。8号車と共に」と語り、7人は夢に向かうあきらめない思いを歌うナンバー「Signal」を披露した。その後、彼らはツアーを終える今の心境を1人ずつ語っていく。「今年の夏のツアーは自分の中で、1番過酷なツアーでした」と切り出したユーキの瞳には、思いを吐露するうちにみるみる涙が潤んだ。6人は彼を温かな眼差しで見守り、ユーキが話し終えるとコーイチは「ユーキ、大事なこと教えてあげるよ。“I’m”……?」とユーキの自己紹介のフレーズを使って問いかけ。これにユーキは「ハッピー!」と反応して笑顔をみせた。「俺、しんみりするの嫌いやねん!」と笑ったコーイチは「年末には僕たちの夢(代々木)が待っています。このまま走り続けたいと思います! ずっとずっと一緒に走り続けよう!」と8号車に向かって呼びかける。ツアーのラストナンバーとなったのは「走れ!!!!超特急」。元気いっぱいにこの曲を届けた7人は充実感を表情に漂わせながら客席を見つめる。最後にステージに残ったタカシは「花火よりも祭よりも海よりもバーベキューよりも……このツアー、一番最高の夏の思い出やった。やっぱ8号車やな! ありがとう!」と叫んでいた。

超特急 コメント

コーイチ

今回の夏のツアーはデビューしてから3年間ぶんの思いを8号車にお返しする気持ちで全国を回ってきたんですが、8号車のためにと思っていても、いつの間にか8号車から思いを頂いているんだなあって。そんなことを再確認したツアーでした。本当に最高の夏になりました。これからも僕たちは8号車のことを精いっぱい応援するから、8号車もついて来て下さい。今年の夏を一緒に過ごしてくれてありがとう。

カイ

僕たちにとっては今日が10回目のツアー公演でも、今日初めて来てくれた人や地方に1回だけ来てくれた人にとってはたった一度きりの公演なので、1回1回を大切に、観てくれている人全員にエールを送れるようなライブをしたいと思っていました。それができたかどうかは僕にはわからないけど、年末に向けてもっともっと大きくなっていかなきゃいけないし、このツアーで培った大きな一体感をあの大きな代々木のステージで出せたら本当に無敵だと思う。皆さんの誇りになれるように全力で進んでいくので、これからも超特急とカイをよろしくお願いします。

リョウガ

今回のツアーはとてもライブ感のあるステージで8号車と一緒に作り上げるライブだったので、本当に8号車のパワーを感じました。明日からまたがんばろうと思えた人!? もう一つ、「私ちょっとやせられたんじゃない?」と思えた人!? ……手を挙げてくれた人、ありがとう愛してる。挙げなかった人はまた来年も夏のツアーとかあると思うし、これから俺みたいなガリガリを目指してほしいなって思います。って、俺、“やせ”について語り過ぎだよね!?(笑)まあいいんです。俺、今回は初めてガリガリ担当としての使命を全うできた気がします!

タクヤ

まずは無事に終えられたことに、8号車に感謝の気持ちを送ります。今回のツアーは1カ月間をかけてやってきて、ライブとライブの間隔が空いていたから、ライブについて考える時間がいつもより多く取れました。ダメだったなと思うところを次に直すことができたりしたから、本当に代々木につながるような、階段を上って行くようなツアーにできたと思います。でもそれ以前にまず、何よりも1番すごいなあと思ったのは8号車の存在です。やっぱ8号車はすてきだなあってしみじみ思いました。僕はいまだに代々木が不安で仕方がないんですけど、ちょっとは勇気を持てたなって思います。ここにいる皆さん1人も欠けずに、年末にすてきな景色を見ましょう。

ユーキ

今年の夏のツアーは自分の中で、一番過酷なツアーでした。初日から8号車のみんなに僕たちが「fanfare to you」されているようなライブになってて、「大丈夫か?」って思っていて……僕の中では100%の力を出したけど、心のどこかでは悔しい自分がいました。最終公演に向けて、8号車の皆さんに「fanfare to you」したいっていう気持ちで、いろいろ整えてきました。そして今日、こうして8号車の皆さんに「fanfare to you」することができたって、超特急の7人は思っております。皆さん今日という日、そしてこの夏を僕たちに捧げてくれてありがとうございます! 今年の夏のアルバムの大切な1ページに今日のことを飾ってくださいね!

ユースケ

僕は初日を忘れていません。もう本当にみっともなかった! 情けなかった! 悔しかった。このツアー、不安な部分もいっぱいありました。でも今こうして8号車さんの前に立てているっていうことは、僕にとってすごく幸せなことであって。すごくうれしいです。ずっと8号車さんと盛り上がっていきたいなって思うので……どうか代々木も、その次のレールも、一緒に走って行ってください。よろしくお願いします。

タカシ

今回のツアーは僕が学校を卒業してから初めての夏ツアーやったんです。超特急1本でやっていくんだっていう気持ちを決心してこのツアーに挑みました。新たな挑戦をたくさんしたツアーだったけど、久しぶりに地方の8号車に会いに行けたり……心の底から楽しめるものになりました。今日夏のツアーが終わってしまうのは寂しいけど、年末には代々木というでっかい“壁”がありますので、それに備えてしっかり僕たちも準備を整えていきたいんですけど……やっぱり8号車のみんながいないと僕たちのライブって成立しない。8号車のみんな! 1人残らず……僕らの夢に向かってどんどん突っ走って行こうね!

超特急「BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015~fanfare to you.~」
2015年8月28日 渋谷公会堂 セットリスト

01. Shake body
02. Superstar
03. Make it hot!
04. バッタマン
05. スターダスト LOVE TRAIN
06. We Can Do It!
07. Kura☆Kura
08. Kiss Me Baby
09. Secret Express
10. Summer love
11. Pretty Girl
12. EBiDAY EBiNAI
13. One life
14. Billion Beats
15. fanfare
16. Burn!
<アンコール>
17. Beautiful Chaser
18. Signal
19. 走れ!!!!超特急

超特急「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~」

2015年12月23日(水・祝)東京都 国立代々木競技場第一体育館
2015年12月24日(木)東京都 国立代々木競技場第一体育館

音楽ナタリーをフォロー