映画「友罪」 PR

「友罪」生田斗真インタビュー|映画の使命を果たすために──覚悟を持って挑んだ“衝撃作”

生田斗真と瑛太の共演作「友罪」が、5月25日に公開される。

薬丸岳の小説を瀬々敬久が実写映画化した本作は、“友人が、かつて日本を震撼させた事件の犯人だったら”をテーマに、2人の男が自身の罪と向き合い葛藤するさまを描く衝撃作。生田と瑛太のほかには、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市がキャストに名を連ねる。

映画ナタリーでは、ジャーナリストの夢に破れた主人公・益田を演じた生田にインタビューを実施。オファーを受ける数年前に原作を読んだという彼に、役に懸けた思いや瑛太らとの共演エピソードなどを聞いた。

取材・文 / 秋葉萌実

瑛太をどれだけ好きになれるか

──生田さんは益田役のオファーが来る前に、原作を読んでいたそうですね。

人に薦められて手に取りました。もともと小説をたくさん読むほうではないのですが、そんな自分でもハイペースで読み進めていける作品でしたし、題材にも惹かれて。「これはどういう形であれ、映像作品として残すべきものだな」「願わくばその作品に自分も携わることができたら」とうっすら思っていたので、そこから数年後にオファーをいただいたときは運命的なものを感じましたね。

──メッセージ性が強い内容や役柄、瀬々敬久監督の作品だということなど、演じてみたいポイントはいろいろとあったのではと思いますが。

「友罪」

「友罪」

監督や制作チームの皆さんの「ある種の希望を描きたい」という熱い思いに胸を打たれて、参加を決めました。希望や願いを少しでも感じてもらうべきだという“映画の使命”を感じて。こういう題材を選んで世に発表するというのは、生半可な気持ちではできないことですよね。皆さんの熱意に自分も引っ張っていただいたなという思いがあります。

──益田については、どんな人物だと感じましたか?

益田は犯罪者ではないけれど、亡くなった友達に対する罪悪感を抱えながら生きているんですよね。過去の罪を背負って、苦しみもがいているうちに鈴木に共感していく。一筋縄ではいかないキャラクターだったと思います。

──撮影前に思い描いていた益田と、できあがった作品で観た益田の姿は同じでしたか?

自分が演じたので客観視できない部分がありますが、仕上がった映画を観たときは生っぽさが胸にくるなと思いました。工場の油や流れている血の匂いがしてくるような、熱気を感じる作品になったなと。

──益田は感情をあまり表に出さない人物なので、生田さんも“受け”のお芝居が多いですよね。益田のこういうところを大事にしたいと感じた点は?

「友罪」より、瑛太演じる鈴木秀人(左)と生田斗真演じる益田純一(右)。

「友罪」より、瑛太演じる鈴木秀人(左)と生田斗真演じる益田純一(右)。

やっぱり、瑛太という人間をどれだけ好きになれるかが重要でした。瑛太が演じた鈴木はお客さんにとっては実体がつかめなくて感情移入しづらい役なので、益田の愛情や、彼らのつながりみたいなものがきちんと表現できていないと成立しにくかったんです。だから、益田が鈴木を支えたいと思うのと同様に、僕自身も「瑛太という人間に、自分は何か影響を及ぼすことができるだろうか?」と常に考えていました。

──以前、生田さんは「(瑛太と)2人にしか出せない空気感を現場で出せたら」と語っていましたが、劇中でお二人の関係性が反映されたシーンはありましたか?

どうかなあ……。僕自身は本番に向けて足したり引いたりして完成形を目指していくタイプですが、瑛太はわりと野性的で、最初からフルパワーでくるタイプなんです。本番で見たことない球を出してくるときもあったり(笑)。それがすごく刺激的で、ドキドキしながら楽しみにしてる自分もいたりするのですが、そういうところは益田と鈴木の関係性にも反映できたのかなと思いますね。彼は自分の表現の幅に限界を作らない人だから、一緒にやっていてとっても楽しいです。

──瑛太さんとの共演は今回で3度目ですが、毎回刺激的ですか?

面白い男だなと共演するたびに思いますね。言葉にするのはすごく難しいんですが、さっきまではなかった感情をぐっと引っ張り出してくれる俳優です。

監督からは「生田斗真を超越してほしい」と言われた

──現場の雰囲気はどんな感じでしたか? 先ほどスタッフの皆さんの熱い思いを感じたという話が出ましたが。

みんなで談笑することもありましたが、映画としての使命を果たすために集まってきた仲間たちという認識が根底にはあった気がしますね。僕自身も役に入るスイッチがずっとオンのほうに半押し状態というか、いつでも臨戦態勢でいられるような感じでした。

──そうなんですね。撮影するにあたって、瀬々監督とはどういうお話をされましたか。

左から生田斗真、瀬々敬久。

左から生田斗真、瀬々敬久。

瀬々監督からは「台本を超える瞬間を見たい」と言われていました。感情を全部爆発させてぐしゃぐしゃになってもいいから、生田斗真という人間を超越してほしいと。愛情深いし、信頼できる監督だと思いました。

──佐藤浩市さんや山本美月さんとの共演についてもお伺いしたいです。

浩市さんは自分のシーンが終わったあとも撮影を見守っているのが印象的で、心から映画が好きで映画という場所で生きている方なんだなと感じました。山本美月さんとのシーンは唯一心が安らぐ瞬間で、非常に助けられました。瑛太とは意図的にあまりしゃべりませんでしたが、山本さんとはよく世間話をしましたね(笑)。

──劇中では、益田と鈴木以外にも過去にとらわれながらも生きていく人たちがたくさん登場します。そういう人たちの在り方は、生田さんにはどう映りましたか。

「友罪」より、夏帆演じる藤沢美代子(左)と、瑛太演じる鈴木秀人(右)。

「友罪」より、夏帆演じる藤沢美代子(左)と、瑛太演じる鈴木秀人(右)。

それぞれのキャラクターに寄り添いたいですが、すべてを理解するのはなかなか難しいなとは思います。浩市さんが演じた山内の「加害者は幸せになったらいけない」という感覚も、鈴木の「それでも僕は生きたいんだ」という思いも正しい。答えがないと感じながらやっていましたね。

──ずっと考え続けられるような?

はい。本当に、一生かけても答えは出ないんだろうなと思います。

──ちなみに「彼らが本気で編むときは、」のときに、生田さんは“勝負作”とおっしゃっていたのが印象的で。「友罪」は、俳優人生においてどういう位置付けの作品になりました?

映像作品として残す意味のあるものに参加させていただいたなあと思いますね。自分の演技についてはちょっとよくわかりませんが……(笑)。

「友罪」
2018年5月25日(金)公開
「友罪」
ストーリー

ジャーナリストの夢に破れた益田は、見習いとして働き始めた工場で鈴木という名の男と出会う。自身の過去を語らず、人と関わることを避ける鈴木。だがある出来事をきっかけに、2人は次第に仲を深めていく。そんな折、かつて日本中を震撼させた殺人事件を調べていた益田は、同事件の犯人・少年Aが鈴木と同じ顔をしていることに気付く。

スタッフ / キャスト

監督・脚本:瀬々敬久

原作:薬丸岳「友罪」(集英社文庫刊)

出演:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市ほか

生田斗真(イクタトウマ)
1984年生まれ、北海道出身。2010年に「人間失格」で映画初出演にして初主演を務めた。近年の出演作品は、映画「土竜の唄 香港狂騒曲」「彼らが本気で編むときは、」、ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」など。2019年の大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」に三島弥彦役で出演が決定している。