ガルパン10年目突入!次回作のテーマはサウナ?茅野愛衣のアイデアに渕上舞も乗る

2

683

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 208 419
  • 56 シェア

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話」の4D上映を記念した舞台挨拶が、本日10月9日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの渕上舞茅野愛衣尾崎真実中上育実井口裕香井澤詩織が登壇した。

左から井澤詩織、茅野愛衣、渕上舞、尾崎真実、中上育実、井口裕香。

左から井澤詩織、茅野愛衣、渕上舞、尾崎真実、中上育実、井口裕香。

大きなサイズで見る(全2件)

舞台挨拶の冒頭、司会を務めた井澤からテレビシリーズの放送開始が9年前の10月9日だったことが告げられると、“あんこうチーム”の5名は「すごーい!」と喜びを爆発させる。また、あんこうチームのジャケットが新調されたそうで、井口は「くびれの部分がきれいになっているんです」とアピールした。

「第3話」の4D上映をすでに観ているのは渕上、尾崎、中上、井澤の4人。座席が大きく動く4Dの感想を渕上が「あのね、疲れるよ!」と冗談交じりに述べると、周りから「ちょっとマイナスだな!」とツッコミが入る。フォローするように尾崎が「リラックスできるよ」と言うと、その発言も「嘘だな!」と一斉に指摘されていた。続いて渕上が、戦車がジャンプして水辺にダイブするようなシーンも楽しめたと話すと、中上は「本当にふわってなるよね」、尾崎は「加速感を感じる」と、その臨場感を思い返す。

「第3話」の終わり方について、井澤は「『しばらく続きを観られないのにあの終わり方はひどいよね』と水島(努)監督が自分で言っていて(笑)」とエピソードを披露。渕上が「脳裏から離れないわけですよ」とラストに言及すると、茅野も「あんこうチーム、ここで終了?と思っちゃう」と不安げな顔で語る。これまでに描かれてきたことは夢だったという“夢オチ説”が浮上すると、尾崎は「またみんなと出会うところから演じられるの?」と笑顔に。しかし渕上が「みんなと築いてきた絆も夢……?」と悲しげにつぶやくと、「やだやだ!」とほかの5人は声をそろえた。

茅野は次の「第4話」において、ブームであるサウナをテーマとすることを提案。「ミカさんがサウナキャップみたいなのをかぶってるから……ちょっと似てない? みんなピンと来てる?」と観客席を見渡す。さらに「4D上映では映画館をサウナみたいにして、水をかけてもらったり。『整いました!』って観客が声をそろえて言うとか」と話すと、渕上は「みんなにはすっきりした顔で帰ってもらえる!」と、茅野の独特なアイデアに乗っていた。

最後の挨拶では、「ガールズ&パンツァー」が10年目に突入したことに触れながら井口が「すごいことだと思います。久しぶりにこうやって集まって話すと、あっという間に時間が過ぎ去っていく。皆さんの前で最新話の話ができて幸せです」と胸中を伝える。そして渕上が「ガルパンは続いていきますので、今後とも応援お願いします」と呼びかけたあと、登壇者全員の「パンツァー・フォー!」という掛け声で舞台挨拶は終了した。

「ガールズ&パンツァー 最終章 第3話」4D版の上映劇場は公式サイトで確認を。

この記事の画像(全2件)

(c)GIRLS und PANZER Finale Projekt

読者の反応

  • 2

⚡灰色服のプリン / ガルパン総合情報アカウント⚡ @all_gray_ue3

ガルパン最終章第3話がいいところで終わって早く見たくて辛いみたいな声が結構あるが👇監督もその点分かっておられるw
https://t.co/TmAIsJHJTF

コメントを読む(2件)

関連記事

渕上舞のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ガールズ&パンツァー 最終章 第3話 / 渕上舞 / 茅野愛衣 / 尾崎真実 / 中上育実 / 井口裕香 / 井澤詩織 / 水島努 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。