解散した人気バンドのメンバーが再会…白波多カミン、水石亜飛夢らの共演作公開

408

白波多カミン、水石亜飛夢小林竜樹黒住尚生の共演作「東京バタフライ」が、9月11日より東京・UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開される。

「東京バタフライ」より、劇中バンド「SCORE」のアーティスト写真。

「東京バタフライ」より、劇中バンド「SCORE」のアーティスト写真。

大きなサイズで見る(全5件)

テレビアニメ「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」などを手がけてきたアニメーションスタジオWIT STUDIOと、映画会社Tokyo New Cinemaがタッグを組んだ本作。かつてメジャーデビュー寸前までいくほどの人気を集めながらも、ささいな行き違いから解散してしまった大学生バンドのメンバーたちが、6年後に再会するさまを描く。

監督を務めるのは、短編映画「家族の風景」を手がけた佐近圭太郎。本作が、初長編監督作品となる。劇中バンド・SCOREのメンバーを白波多、水石、小林、黒住が演じ、松浦祐也尚玄松本妃代小野木里奈浦彩恵子熊野善啓福島拓哉も共演に名を連ねた。脚本は河口友美が執筆している。

本作が映画初主演作となったシンガーソングライターの白波多は「俳優のみなさん、監督、スタッフのみなさんにたくさん教えていただきながら、作品に向かう日々でした。体当たりな若者たちの、じんわりつらくて、とても優しい作品です」とコメント。水石は「仁という人間、そしてSCOREというバンドの長い青春、その終わりを体験しました」と振り返っている。

白波多カミン コメント

白波多カミン

白波多カミン[拡大]

初めて映画の主演を務めさせていただきました。俳優のみなさん、監督、スタッフのみなさんにたくさん教えていただきながら、作品に向かう日々でした。体当たりな若者たちの、じんわりつらくて、とても優しい作品です。夢を見ること自体に勇気のいる今だからこそ、この作品をぜひ観ていただけたらと思います。

水石亜飛夢 コメント

水石亜飛夢

水石亜飛夢[拡大]

撮影は2年前の夏。仁という人間、そしてSCOREというバンドの長い青春、その終わりを体験しました。夢は必ず叶う、そう思いながらも、そこにたどり着けるのは実際には一握りです。もう一つの道を英断した時。その傷は少なからず心に残るはず。思い描いたようにならないのが人生。でも、だからこそ面白い。“今歩いているこの道も正しい自分の人生”そんな風に思っていただけたら幸いです。

佐近圭太郎 コメント

夢を諦めた人、夢半ばで挫折した人、諦念を胸に秘めながらしがみ続ける人。社会には、後悔の念や挫折を胸に秘めながら、日々の生活を一所懸命に営む人々で溢れている。しかし、何者かになれなかったとて、人生は否応なしに続いていく。そんな中でも腐らず、目の前の生活を一所懸命に生きる人間の姿が、僕は好きだ。そんな、“愚直に誠実に生きることへの美しさ”の一端を、今作で感じとってもらうことができたら、こんなに嬉しいことはない。

和田丈嗣(WIT STUDIO チーフプロデューサー)コメント

WIT STUDIO実写第四作「東京バタフライ」の公開が決定いたしました! 中川龍太郎監督に続いて、次は新鋭の佐近圭太郎監督です。プロデューサーの新井悠真を中心に、新しい才能がたくさん集まってくれました。WITの河口友美が書いた脚本を土台に、短い撮影期間の中で互いに競い、励まし、ぶつかった過程そのものが、不器用な青春というテーマに繋がっていきます。本作は、今何かにぶつかり葛藤している人達、全ての物語となっています。是非、観て頂けますようよろしくお願いいたします!

この記事の画像(全5件)

水石亜飛夢のほかの記事

リンク

(c)2020 WIT STUDIO/Tokyo New Cinema

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 東京バタフライ / 水石亜飛夢 / 小林竜樹 / 黒住尚生 / 松浦祐也 / 尚玄 / 松本妃代 / 小野木里奈 / 浦彩恵子 / 熊野善啓 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。