音にこだわり50年…岩手のジャズ喫茶・ベイシー追ったドキュメンタリー公開

1620

ドキュメンタリー「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」が5月29日より公開される。

「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」ポスタービジュアル

「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」

「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」[拡大]

舞台は、岩手県一関市のジャズ喫茶・ベイシー。50年間営業を続ける同店では、マスターの菅原正二が開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねており、国内外から集うジャズファン、オーディオファンを魅了している。5年掛けて撮影された約150時間の映像素材から紡がれる本作には、菅原のインタビューや、渡辺貞夫坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンらによる同店での演奏、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズのライブ映像などを収録。小澤征爾、建築家の安藤忠雄鈴木京香も出演する。なお、Swiftyはジャスピアニストのカウント・ベイシーが菅原に名付けたニックネームだ。

菅原と親交の深い星野哲也の初監督作「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」は東京・UPLINK渋谷、UPLINK吉祥寺ほか全国で順次ロードショー。

※「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

(c)「ジャズ喫茶ベイシー」フィルムパートナーズ