映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

elfin'辻美優が主演、フィリピン水道工事の実話描く「セカイイチオイシイ水」公開

64

辻美優(elfin')が映画初出演にして主演を務めた「セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙」が、9月21日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開される。

小嶋忠良によるノンフィクション「マロンパティの精水 いのちの水の物語」を原作にした本作。日本とフィリピン両国のボランティアが協力し、9年の歳月を費やしたフィリピンのパンダン水道建設プロジェクトにまつわる実話が描かれる。

辻が友人に誘われ軽い気持ちでプロジェクトに参加した女子大生・明日香、赤井英和が反日感情が強い現地でもその誠実な人柄と情熱から信頼されるアジア協会アジア友の会の岩田、新井裕介男劇団 青山表参道X)が明日香の指導にあたる青年・田中を演じた。

そのほか花房里枝(elfin')、前川泰之、岡千絵、角田信朗蝶野正洋橋本マナミ篠原信一森次晃嗣がキャストに名を連ねている。監督、脚本を担当したのは、本作が長編デビュー作となる目黒啓太。

このたび主題歌がelfin'の「アンルート」に決定したことも明らかに。またフィリピンに伝わる「マロンパティの涙の伝説」をイメージし、辻がイラストを描き下ろしたポストカードが前売り特典となる。辻、赤井、目黒によるコメントは下記の通り。

辻美優 コメント

映画の話を頂いた時は想像もしておらず、本当に嬉しかったのと同時に、初の映画出演、
そして初の主演を務めさせていただくこの大役に、光栄な気持ちでいっぱいになりました。
初めて台本を手に取り自分の役を確認した時、「私はこれから明日香になるんだ!」と強く感じました。
明日香は自分の知らない世界の現状を目の当たりにして悩みながら葛藤し、
また人々のやさしさや熱い思いを通じ少しずつ成長して、己の運命を変えていきます。

「はじまりはいつもすぐ傍にある」…
そう、これは一本の電話から始まった本当にあった物語。

共演者の皆様、スタッフの皆様のパワーで、とても心に響く作品となっています。
ぜひ、ご覧下さい!

赤井英和 コメント

自分は何を求められているのか、この社会で何ができるのかということをいつも考えている人の所に物事は舞い込んでくる。
そして9年間、セカイイチオイシイ水が飲めるまでのほんまのお話し。

目黒啓太 コメント

この物語を作る過程で、僕も明日香と同じように未知の世界と向き合うことになりました。
知らなかった世界をまっすぐに見つめようとする明日香と、彼女に関わる人たちを、まっすぐに見つめて描こうとつとめました。

(c)セカイイチオイシイ水製作委員会

映画ナタリーをフォロー