映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ザ・レイド」リメイク作でジョー・カーナハンとフランク・グリロがタッグ

47

「ザ・レイド」(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

「ザ・レイド」(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」の監督ジョー・カーナハンと「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のフランク・グリロが、「ザ・レイド」のリメイク企画でタッグを組むことが明らかになった。

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」などで知られるカーナハンは、自身のInstagramアカウントに「マジでやるぜ」というキャプションを付け動画を投稿。映像にはカーナハンとグリロが映っており、オリジナル版「ザ・レイド」の劇中シーンが挟み込まれている。最後にはグリロの「俺たち、やるべきだろ?」というコメントが。カーナハンはTwitterアカウントでもこのリメイクについて触れており、オリジナル版の監督ギャレス・エヴァンスがプロデューサーとして参加すること、そして“リメイクではなくリイマジン”であることを明かしている。

「ザ・レイド」はインドネシア、フランス、アメリカ合作のアクション映画。麻薬王が支配する高層アパートを舞台に、SWATチームとギャングの繰り広げる死闘が描かれた。また2014年には松田龍平、遠藤憲一、北村一輝が出演した続編「ザ・レイド GOKUDO」が公開されている。

映画ナタリーをフォロー