AGANAI 地下鉄サリン事件と私

AGANAI 地下鉄サリン事件と私

アガナイチカテツサリンジケントワタシ

2021年3月20日(土)公開 / 上映時間:114分 / 製作:2020年(日本) / 配給:Good People

(C)2020 Good People Inc.

解説 1995年にオウム真理教が起こした“地下鉄サリン事件”の被害者、さかはらあつしが監督を務め、後続団体“Aleph”の広報部長・荒木浩と対峙する様子を捉えたドキュメンタリー。事件に所縁のある地をふたりが訪れ、対話をしながら荒木が現在も信仰し続ける真意を探る。被害者自身が加害者と向き合うことで、観る者の心を揺さぶる一作だ。

ストーリー 1995年3月20日、さかはらあつしは猛毒の化学兵器・サリンが撒かれた地下鉄に乗り合わせ、被曝する。PTSDや重い後遺症を患った彼は、実行犯のオウム真理教と向き合うことを決意。時が経ち、彼は後続団体“Aleph”の広報部長・荒木浩を訪問する。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:さかはらあつし

キャスト

荒木浩
阪原武司
阪原多嘉子
さかはらあつし

AGANAI 地下鉄サリン事件と私の画像

AGANAI 地下鉄サリン事件と私の動画