マルクス・エンゲルス

マルクス・エンゲルス

マルクスエンゲルス
LE JEUNE KARL MARX

2018年4月28日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2017年(仏=独=ベルギー) / 配給:ハーク

(C)AGAT FILMS & CIE - VELVET FILM - ROHFILM - ARTEMIS PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINEMA - JOUROR - 2016

解説 『資本論』の著者で知られるドイツの哲学者、革命家のカール・マルクスと盟友のフリードリヒ・エンゲルスに焦点を当てた歴史ドラマ。若き日のふたりの出会いから大きな社会運動を起こすまでが描かれる。チェ・ゲバラ、ネルソン・マンデラらの指導者にも影響を与え、世界の不平等と搾取に対抗する労働運動を牽引した彼らの功績に迫った力作だ。

ストーリー 26歳のカール・マルクスは、その過激な言動で母国ドイツを追われる。1844年、フランスのパリで彼はイギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究するフリードリヒ・エンゲルスと出会う。この瞬間からふたりは世界の不平等について考え始める。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全15件)