映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

ゲキジョウバンナナツノタイザイテンクウノトラワレビト

解説

週刊少年マガジンの看板漫画で、テレビアニメも好調な『七つの大罪』を、原作者・鈴木央が描き下ろしたネームを基に完全オリジナルストーリーで映画化。団長・メリオダスを中心とした最強騎士団“七つの大罪“が、ベルリオン率いる魔神族の集団“黒の六騎士“と激突する姿を描く。総監督を務めたのは、アニメ『BLEACH』シリーズの阿部記之。

ストーリー

伝説の食材・天空魚を求めて辺境の地へとやってきた伝説の騎士団“七つの大罪“。しかし、団長メリオダスと人語を話す豚ホークが、雲の上にある世界“天空宮“へ飛ばされてしまう。天空宮では天翼人たちが、凶悪な魔獣の解放を防ぐため、儀式の準備をしていた。

2018年8月18日(土)公開 / 上映時間:99分 / 製作:2018年(日本) / 配給:東映

(C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会

(C) PIA

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人のニュース

映画ナタリーをフォロー