ジョゼと虎と魚たち(2003年)

ジョゼと虎と魚たち(2003年)

ジョゼトトラトサカナタチ

2003年12月13日(土)公開[PG-12] / 上映時間:116分 / 製作:2003年(日本) / 配給:アスミック・エース=博報堂=IMJエンタテインメント=エスエスエム=関西テレビ

解説 『金髪の草原』の犬童一心監督が田辺聖子の同名短篇小説を映画化。ある夜明け、ジョゼと名乗る脚の不自由な少女と出会った大学生の恒夫は、不思議な魅力を持った彼女に惹かれていく。そんなファンタジックな設定の中に、普遍的でリアルな恋愛感情を活写。どの観客の心にも重なる恋愛の記憶を呼び起こす犬童ワールドを展開している。

ストーリー 雀荘でアルバイトする大学生の恒夫は、明け方マスターの愛犬と散歩していると、最近お客の間で話題になっているボロボロの乳母車が坂の上から勢いよく走ってくるのに遭遇する。中を覗くと震える少女が包丁を握り締めていた。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)