映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

あの夏、いちばん静かな海。

あの夏、いちばん静かな海。

アノナツイチバンシズカナウミ

解説

「その男、凶暴につき」「3-4X10月」ですさまじいばかりのバイオレンス描写を見せつけた北野武が、今度は一転してラブ・ストーリーに挑んだ意欲作。聴覚障害者でゴミ収集車助手のアルバイトをする茂は、ひょんなことからサーフィンを始め、夢中になって練習に励む。それを優しく見守る恋人の貴子。そして茂の腕前は次第に上達していき、サーフィン大会に出場するまでになるが、夏が終わると同時に茂の姿は海辺になかった……。サーフィンを通して描かれる聴覚障害者の恋人たちの姿に焦点を当て、セリフ(もちろん主人公にセリフはない)や背景に流れる音楽も控えめにした映像はもの悲しさを漂わせる。北野武の並々ならぬ才人ぶりを証明した一編といっていいだろう。

製作:1991年(日本) / 配給:東宝=オフィス北野=東通

(C) PIA

あの夏、いちばん静かな海。のニュース

映画ナタリーをフォロー