リチャード・クワイン

リチャードクワイン

子役として映画界入りし、1948年監督デビュー。ライト・コメディーとスリラーを得意としていた。