一十三十一

一十三十一

ヒトミトイ

札幌出身の女性シンガーソングライター。幼い頃から世界各国を廻って育ち、短大卒業後はニューヨークで音楽活動をしていたという稀有な経歴を持つ。 2002年にシングル「煙色の恋人達」でインディーズデビュー。そのグローバルな音楽センスが注目を浴び、2004年には堀江博久(Neil & Iraiza)プロデュースによるミニアルバム「フェルマータ」でメジャーデビューを果たす。ソウル、ジャズ、ファンクなど多くのジャンルを取り入れ、枠に縛られない奔放な音楽を展開。女性らしい艶やかなナンバーを次々と生み出している。2008年8月に結婚、同年12月に出産し一児の母に。2009年4月に代官山LOOPにてワンマンライブ2DAYSを開催し、音楽シーンに復帰した。

リンク

関連する画像