澤田幸弘

サワダユキヒロ

1956年、日活に入社し、鈴木清順や、斎藤武市の助監督に。監督昇進後は、日活ニューアクションの旗手として活躍。日活がポルノに路線転換後は、もっぱらTVのアクション・ドラマを手がけていた。