アマンダ・プラマー

アマンダプラマー

父は俳優のクリストファー・プラマー、母は女優のタミー・グライムス。赤ん坊の頃から舞台に出演し、高校を卒業後、本格的に演技を学ぶ。オフ・ブロードウェイの舞台に立つとすぐに注目を浴び才能を見事に開花。1982年、「ガープの世界」で口の利けない娘を演じて鮮烈な印象を残すと共に、舞台では「神のアグネス」でトニー賞を受賞した。