北林谷栄

キタバヤシタニエ

1934年創作座に入団、初舞台でいきなり主役に抜擢されるなど有望新人として注目される。多数の代表作があり、老婆役の第一人者である。

情報提供:ぴあ