クレア・フォーラニ

クレアフォーラニ

17歳までロンドンの芸術教育学校でダンスと演劇を学び、TVドラマに出演。TVシリーズ「JFK」で高い評価を得て映画界へ。「ザ・ロック」(1996)のショーン・コネリーの娘役で注目される。「ジョー・ブラックをよろしく」(1998)ではブラッド・ピットの相手役を務め、気品ある美しさでファンを魅了した。