「ライフイズデッド」映画化で古泉×花沢ゾンビ作家対談

40

古泉智浩「ライフ・イズ・デッド」の実写映画が2月11日に公開される。コミックナタリーでは、原作者の古泉と「アイアムアヒーロー」の花沢健吾によるゾンビマンガ家対談をセッティング。さらに主役の荒井敦史とヒロインのヒガリノに話を聞いた。

古泉智浩(左)と花沢健吾。

古泉智浩(左)と花沢健吾。

大きなサイズで見る(全5件)

「ライフ・イズ・デッド」は日本の田舎町を舞台に、ウィルスによりゾンビ化しつつある青年とそれを支える家族の姿を描く物語。2月6日には原作本の復刊も控えている。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

古泉智浩のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 古泉智浩 / 花沢健吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。