コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高橋真琴

タカハシマコト

1934年、大阪市生まれ。1957年、少女夏の増刊号(光文社)に掲載された「悲しみの浜辺」で雑誌デビュー。「あらしをこえて」「プチ・ラ」などのマンガ作品を連載し、人気を博した。登場人物のファッションをみせるために、コマをぶちぬいて全身を描く「スタイル画」を多用した作家で、少女マンガとファッションの関わりをより密接にした。その後は、一枚絵を主に描くようになり、現在も少女画で若い世代から人気を博している。特にロリータ少女たちからは、カリスマ的な存在として支持される。1987年千葉県佐倉市に真琴画廊を開廊。1992年以降、定期的に個展を開催、意欲的に新作に取り組んでいる。

高橋真琴のニュース

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー