映画ナタリー

「おそ松さん」上映イベント、トト子役・遠藤綾が自由なトークで6つ子キャスト翻弄

133

テレビアニメ「おそ松さん」の第2話先行上映イベント「6つ子が帰ってきたよ!全員集合!!トト子も最高♪」が、10月6日に東京・新宿文化センター大ホールにて開催され、キャストの櫻井孝宏中村悠一神谷浩史福山潤小野大輔入野自由遠藤綾が登壇した。

第2期の放送開始を記念して行われた今回のイベントは、全国101の映画館でライブビューイングも実施。本会場を含めて3万人の観客が見守る中、冒頭コーナー「トト子も最高♪名(迷)シーン ベストヒットプレイバック」では、キャストとスタッフがセレクトした第1期のトト子の名シーンを振り返っていく。「プロなめんなゴラァー!」「ビーマイベイベー?」など、さまざまな怒鳴り声やかわいらしいボケを繰り出してきたトト子役の遠藤。キュートなトト子が突如暴言を吐く演技の“ギアのかかり方”に、男性キャスト陣から称賛の声が上がった。

続いて、今度は遠藤が6つ子キャスト陣の芝居について語ることに。遠藤は、おそ松役・櫻井の長男らしい佇まいをたたえた後に「……あと、みんなもそう」と残りの5名をざっくりまとめて紹介し、観客の爆笑をさらう。さらに小野の仕事ぶりを高知で見守っている彼の母に報告する、神谷の心優しい一面を明かして本人を照れさせる、福山についてのエピソードのみ端折ってしまうなど、自由なトークで男性陣をやきもきさせた。

放送に先駆けた第2話の上映を挟み、最後のコーナー「今夜決定!全松が望む見たいエピソード大集合 2017Autumn!」へ。視聴者から募集した「こんな『おそ松さん』を観てみたい」というエピソードが発表された。多くの声が集まった「じょし松さんJK時代回」「F6バンド回」のほか、「実は7つ子回」「あつしくん主役回」などの少数意見も。「生放送回」という実験的な案も飛び出し、登壇者たちは妄想を膨らませる。

終盤にはステージに着ぐるみの6つ子たちが登場し、キャスト陣とともに記念撮影。櫻井は「(第2期は)皆さんの想像の斜め上を行くすごいエピソードがたくさんありますので、オンエアを楽しみにしていてください」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

アニメ「おそ松さん」はテレビ東京ほかにてオンエア中。第2話は10月9日25時35分より順次放送される。なお「おそ松さん」第2期のBlu-ray / DVDの“第1松”は12月22日に発売。リリース記念イベントが実施されることも発表された。

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

映画ナタリーをフォロー