映画ナタリー

指原莉乃がプロデュースするアイドル=LOVE「はいからさんが通る」で声優デビュー

209

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」で声優に挑戦する=LOVEメンバー。左から瀧脇笙古、高松瞳、佐々木舞香。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」で声優に挑戦する=LOVEメンバー。左から瀧脇笙古、高松瞳、佐々木舞香。

劇場アニメ「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」にて、指原莉乃プロデュースによるアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)メンバーが声優デビューを果たすとわかった。

大正時代の東京を舞台とした「はいからさんが通る」は、おてんばなじゃじゃ馬娘・花村紅緒と、許婚である陸軍少尉・伊集院忍の波乱に満ちた恋の行方を描くロマンティックコメディ。紅緒役を早見沙織、忍役を宮野真守が担当し、前編の監督を古橋一浩が務める。

=LOVEは、現役アイドルの指原と声優学校・代々木アニメーション学院がタッグを組み、「声優教育」を施したアイドルグループ。本作では、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古の3名が人生初のアフレコに挑んだ。なおそれぞれの役柄は明かされていない。

このたび3人のコメント映像が、YouTubeにて公開された。本作について佐々木は「キャラクターの1人ひとりがすごくいきいきして、輝いている作品だと思います!」とアピール。高松は「アニメ好きの方はもちろん、普段アニメを観ない方にも観ていただきたいです」と、瀧脇は「私たちと同じ世代でも両親の世代でも、どんな世代の人が観ても楽しんでもらえる作品になっています!」とコメントを寄せた。

「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は11月11日より全国ロードショー。「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」は2018年公開予定だ。

※高松瞳の高は、はしごだかが正式表記
※記事初出時より、後編のタイトルが変更になりました。

(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

映画ナタリーをフォロー