映画ナタリー

「エイリアン:コヴェナント」ファスベンダーがR・スコットを「映画製作の達人」

55

「エイリアン:コヴェナント」

「エイリアン:コヴェナント」

エイリアン:コヴェナント」でアンドロイドのウォルターを演じたマイケル・ファスベンダーのインタビュー映像が、YouTubeで公開された。

映像の中でファスベンダーは、ウォルターと前作「プロメテウス」に登場したアンドロイド・デヴィッドを比較。彼はデヴィッドについて「人間の最大の特徴とも言えるプライドや虚栄心を持っている。しかし、それが人々に不安を与えるようになる」と述べ、ウォルターのことを「人間のように感情に流されることなく、論理的に行動する。虚栄心や嫉妬、感謝の気持ちなどの概念は一切持ち合わせていない。恋愛感情もない」と説明する。

またファスベンダーは監督のリドリー・スコットを「唯一無二」と評し、「衣装担当や美術担当とも綿密に連携し、キャラクターの外見まで指定する」と明かす。さらに「俳優に対しても撮影監督に対しても詳細に指示を出す。すべてに目を配っている」「映画製作の達人という表現がぴったりだ」とスコットを絶賛した。

「エイリアン:コヴェナント」は9月15日より全国ロードショー。

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー