映画ナタリー

俳優の土屋嘉男が89歳で死去、黒澤明の作品や東宝特撮に出演

27

俳優の土屋嘉男が肺がんのため2月8日に89歳で死去していたことが、土屋の元マネージャーへの取材で明らかになった。葬儀は近親者で済ませており、お別れ会の実施は今のところ未定だという。

山梨県出身の土屋は、俳優座養成所を経て東宝に入社。1954年に公開された黒澤明の「七人の侍」では、妻を野武士にさらわれて苦しむ農民の利吉を演じた。そのほか「蜘蛛巣城」「天国と地獄」「赤ひげ」などの黒澤作品、「ゴジラの逆襲」「ガス人間第1号」「マタンゴ」「ゴジラVSキングギドラ」などの東宝特撮映画にも出演した。エッセイストとしても知られ、黒澤との思い出をつづった「クロサワさーん!黒澤明との素晴らしき日々」や「思い出株式会社」シリーズなどを執筆している。

映画ナタリーをフォロー