映画ナタリー

「劇場版 ソードアート・オンライン」ライブで歌姫ユナ&LiSAがパフォーマンス

895

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ARライブイベントの様子。

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ARライブイベントの様子。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」のARライブイベントが本日2月15日、神奈川・DMM VR THEATERにて行われた。

川原礫の小説を原作にした本作は、テレビアニメ「ソードアート・オンライン」の続編。次世代AR(拡張現実)型情報端末“オーグマー”専用ゲーム「オーディナル・スケール」に隠された陰謀を描く。主人公・キリトを松岡禎丞、ヒロインのアスナを戸松遥が演じ、劇場版キャストとして神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史が出演する。

ライブでは神田が声を当てるARアイドル・ユナがパフォーマンスを実施。最新技術により再現されたユナが、CGを多用した演出の中で劇中歌メドレーを披露し、会場に詰めかけた観客を魅了した。

またイベントにはボーカリストのLiSAも出演し、主題歌の「Catch the Moment」を熱唱。舞台上への歌詞の表示、CGによるエフェクトなどの演出で観客を盛り上げる。ライブ終了後LiSAは「私は本物だよー」とアピールし、会場の笑いを誘った。

イベントではトークショーも行われ、監督の伊藤智彦のほか、メディアアーティストの落合陽一、エンジニアとしても活動する女優・池澤あやかが登壇。劇場版の制作において気を付けたことを聞かれた伊藤は「ARの世界を描いているので、触覚情報をどうやって伝えるかに注意を払いました」と、VR(仮想現実)の世界を描いたテレビシリーズとの違いを語る。

筑波大学で教壇に立っている落合は「『ソードアート・オンライン』を観てVRに興味を持ち大学に入ってくる子もいます。伊藤監督が演出した技術から新しいものが社会に出てくる気配がある」と述懐。最後に観客へのメッセージを求められた伊藤は「もう公開は明々後日ですか!? ぜひ観に来てください」とコメントした。

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」は、2月18日より全国ロードショー。

(c)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

映画ナタリーをフォロー