映画ナタリー

松山ケンイチ主演「珍遊記」予告編が公開、倉科カナが真顔で「ち○こ」発言

128

「珍遊記」

「珍遊記」

松山ケンイチが主演を務める映画「珍遊記」の予告編が、YouTubeにて公開された。

本作は、漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を「地獄甲子園」の山口雄大が実写映画化したコメディ。天下の不良少年・山田太郎と、嫌々ながら彼を引き取ることになった坊主・玄奘の旅を描く。太郎を松山、玄奘を倉科カナが演じるほか、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一らが脇を固めている。

予告編は、田山演じるじじい、笹野扮するばばあに、玄奘が真顔で「ち○こ……でございますか?」と問いかけるシーンからスタート。さらに、全裸の太郎の下半身を玄奘が凝視する場面や、温水演じる格闘家・中村泰造が頭に特大のうんこを載せてもうろうとする様子など、矢継ぎ早に下品なシーンが映し出されていく。BGMとして使われているのは、RIP SLYMEが書き下ろしたエンディング曲「Drop!」。またナレーションは、本作の特報と同じく声優・俳優の千葉繁が担当している。

映画「珍遊記」は、2月27日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

映画ナタリーをフォロー