コミックナタリー

「咲-Saki-」公開、プレッシャー乗り越え小沼監督「原作ファンの方こそ観て」

139

劇場版「咲-Saki-」公開記念舞台挨拶の様子。

劇場版「咲-Saki-」公開記念舞台挨拶の様子。

小林立原作による実写映画「咲-Saki-」の公開を記念した舞台挨拶が、本日2月4日に東京・TOHOシネマズ日本橋で行われた。

イベントには宮永咲役の浜辺美波、原村和役の浅川梨奈SUPER☆GiRLS)、竹井久役の古畑星夏、染谷まこ役の山田杏奈、加治木ゆみ役の岡本夏美、妹尾佳織役の長澤茉里奈、監督の小沼雄一が登壇。主人公の咲を演じた浜辺は「原作がすごく愛されている作品なので最初は不安でした。でも皆さんに支えられて楽しく撮影を終えることができたのでよかったです」と収録を振り返る。実力派の和に扮した浅川は「麻雀の手さばきを意識して撮影に臨みました。監督から『手さばきだけは一番うまかったよ』と言っていただけてうれしかったです。『だけは』というのはちょっと気になりましたけど」と笑顔で語った。

山田は自身の役どころについて「まこは雀荘の娘で、歳上感を出さないといけない役だったんです。監督からは『オヤジ臭く。加齢臭』って言われていて。眉間にしわを寄せたり、オヤジっぽく見えるようがんばりました」と撮影中のエピソードを交えながら説明。浅川が「なかなかないよね。撮影現場で『まこ、加齢臭!』って言葉が飛び交うのは」と述べると、登壇者たちは笑顔を浮かべた。

人気マンガの実写化とあり、「皆さんが想像つかないほどのプレッシャーがずっとありました」と述懐する小沼監督。そんな中でも「一番うれしかったのは、(原作者の)小林先生が実写化のことをブログに書いてくださったとき。本当に力が抜けるような感じでした」と安堵した瞬間を振り返った。また「マンガの実写化には厳しいご意見があるけれど、そういった状況を含めて一生懸命作らなければと思った」と述べ、「『原作は好きだけれど実写は観ない』という方こそ待っています」とファンにメッセージを贈った。

最後に浅川は「昨日から公開になりまして、Twitterで感想をチェックしてるんですけど、思っていた倍くらいお褒めの言葉をいただいていて。この作品に携わることができて幸せです」とコメント。浜辺は「主演を務めさせていただいたこともあり、とても思い入れの強い作品です。皆さんにとっても特別な映画になったらうれしいです」と観客へ語りかけた。

「咲-Saki-」は全国高校生麻雀大会優勝を目指す清澄高校麻雀部と、その新入部員である宮永咲を描いた物語。ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)にて2006年より連載され、単行本は16巻まで発売されている。3期にわたりテレビアニメ化もされてきた。映画は全国の劇場にて上映中だ。

(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト (c)Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX

コミックナタリーをフォロー