コミックナタリー

おかげさまでナタリー10周年

ドリフターズ上映会で中村悠一「来年以降も引き続きやれるのは間違いない」

3381

平野耕太原作のテレビアニメ「DRIFTERS」の「ご当地上映会」が、去る12月22日に東京・新宿バルト9にて開催され、上映後には島津豊久を演じた中村悠一、土方歳三を演じた安元洋貴、キャラクターデザイン・総作画監督を担当した中森良治、上田耕行プロデューサーが登壇してのトークイベントが行われた。

この日は第9話から最終話までを上映。最終話までを演じ終えた感想を問われた中村が「やると決まってから年単位でしたので、長い旅だったんですけど、観ておわかりの通り、終わっておりません! なので終わった感は全然ないです」と答え、安元も「僕は『やっと始まった!』と思ったら終わりました。(土方の登場まで)待ちましたし、『3話で出るかな?と思ったら、画だけだー!』って(笑)」と続け、続編への意欲を覗かせる。

作画が大変だったと振り返る中森は、「自分以外にも闘ってくれた作監さんがいっぱいいるので、スタッフロールなどで見てくれたら、彼らも喜んでくれると思います」とコメント。上田プロデューサーは作品の今後について「原作を粛々とアニメ化していく」と宣言し、「次のオリンピックくらいに終わればいいな」と構想を明かした。

最後に安元は「またこういうことができるように応援し続けてください。大丈夫です。平野さんの作品が好きな人は、待つのに慣れています!(笑)みんなで一緒に待ちましょう」と呼びかければ、中村も「来年以降も引き続きやれるのは間違いなさそうなので、よろしくお願いします。僕も(発売)延期したBlu-ray BOXを見返して、薩摩弁を忘れないように気をつけたいと思います。ちなみに(BOXに入る)ドラマCDは最近収録したんですけど、久々にダメ出しを受けまして。『ちょっと変わっちゃった?』と。それは謝りつつ、心の中では(相当前に収録が終わっているので)『そりゃ変わるよ!』と思っていました」と語った。なお本日12月29日に発売されたヤングキングアワーズ2017年2月号(少年画報社)では、「ドリフターズ」が表紙を飾っており、「アニメ第2期制作進行中!!」との煽りも添えられている。

アニメ「ドリフターズ」のBlu-ray BOXは明日12月30日発売。本編のBlu-rayに加えドラマCD、サウンドトラックCD2枚、全200ページの原画集「NAKAMORI with KEY ANIMATORS WORKS」、ショートアニメ「黒王様御乱心」やPV集を収めた特典ディスクなどが付属する。

(c)平野耕太・少年画報社/DRIFTERS製作委員会

コミックナタリーをフォロー