コミックナタリー

映画「デスノート」池松壮亮扮する竜崎の謎めいたビジュアル

469

大場つぐみ、小畑健原作による実写映画「デスノート 2016」の新ビジュアルが、海外の映画専門誌・SCREEN INTERNATIONALのベルリン国際映画祭デイリー版で表紙を飾った。

2月11日から21日まで開催された、第66回ベルリン国際映画祭の会場で配布された同誌。白い部屋の中で、禍々しいひょっとこのお面を被りトイレに座る池松壮亮演じる竜崎の姿が、「The new saga begins.(新たな伝説の始まり)」というコピーとともにあしらわれている。

2006年公開の映画「DEATH NOTE」シリーズでも、松山ケンイチ演じるLが着用していたひょっとこのお面。Lの後継者とされる竜崎が同様のお面を被っていることが、どのような意味を持つのか注目しよう。なお映画祭の会場では、「デスノート 2016」のスペシャル映像も公開された。

映画「デスノート 2016」は今秋全国ロードショー。夜神月とLとの対決から10年後を舞台に、地上に存在する6冊のデスノートをめぐって、東出昌大扮する三島創、池松扮する竜崎、菅田将暉扮する紫苑優輝の3人による三つ巴戦が展開される。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞