コミックナタリー

もしも「七つの大罪」がTVドラマだったら?公式スピンオフ、ARIAで連載決定

1520

鈴木央「七つの大罪」のスピンオフ「七つの大罪プロダクション」が、11月28日発売のARIA2016年1月号(講談社)にて開幕する。マンガを手がけるのは新鋭・坂元千笑。

「七つの大罪プロダクション」は「七つの大罪」が実は連続TVドラマだったという設定で展開されるコメディ。天才子役のメリオダスら、ひと癖もふた癖もある俳優たちの撮影風景や日常が描かれる。

週刊少年マガジン(講談社)にて連載中の「七つの大罪」は、かつて王国の転覆を企てたとされる7人の大悪党集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー。2016年に新作アニメが制作されることが決定している。

コミックナタリーをフォロー