コミックナタリー

寺田克也・小池一夫らが語る、世界のマンガやキャラ事情

59

本日5月1日発売のストレンジャー・ソレント6月号(小池書院)には、寺田克也、マンガ原作者の梶研吾、同誌編集長の小池一夫による鼎談が掲載されている。

この鼎談は2013年11月24日にニコニコ生放送にて配信された番組「小池一夫のニコニコキャラクター塾!~第12講」を編集したもの。世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミック・コンベンション」を小池と寺田が訪れた際の感想に始まり、海外で受け入れられやすいマンガやキャラクターの傾向、ゆるキャラが日本でヒットした理由について独自の目線からトークを繰り広げている。

このほか高橋留美子が自作のキャラクターを語るインタビュー連載「高橋留美子のキャラクターBOX!」では、「めぞん一刻」に登場する五代裕作について解説。五代を目立った特技のない普通の青年にした理由や、恋愛をテーマに作品を執筆する際の手法を明かした。

コミックナタリーをフォロー