コミックナタリー

コージィ城倉

コージィ城倉

コージィジョウクラ

1963年長野県生まれ。1989年に週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。デビュー時から野球を題材にすることが多く、同年ミスターマガジン(講談社)にて「かんとく」、1995年に週刊少年サンデー(小学館)にて「砂漠の野球部」、2003年には週刊少年マガジン(講談社)にて「おれはキャプテン」など数々のヒット作を生み出している。一方で人間の暗い心理を浮き彫りにするような作品も手がけ、2002年にビッグコミックスピリッツで連載した「ティーンズブルース」では、ホストクラブにはまって転落していく女子高生を描き読者を驚かせた。また森高夕次(もりたかゆうじ)名義で原作も担当し、「おさなづま」「ショー☆バン」「ストライプブルー」「グラゼニ」「トンネル抜けたら三宅坂」などバラエティ豊かな作品を発表している。2012年よりビッグコミックスペリオール(小学館)にて「チェイサー」を連載。

コージィ城倉のニュース

コミックナタリーをフォロー