お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

チュート徳井優勝、“伝説の巫女”探すコンテンツプレゼン

27

昨日11月17日、東京・ルミネtheよしもとにてイベント「チョコバナナフェス2013~きかくづくりとものづくりのフェス~」が開催された。

「チョコバナナ」は、芸人とクリエイターがタッグを組んで、新しいデジタルコンテンツを生み出そうというプロジェクト。雑誌およびウェブサイトの「Web Designing」にて展開されている。今回のイベントでは、次長課長・河本、チュートリアル徳井、ケンドーコバヤシレイザーラモンRG、COWCOWとクリエイターたちによる新コンテンツのプレゼン大会のほか、大喜利企画、悩み相談のコーナーなどを実施した。

あべこうじ進行のもと、まずは「dotFes presents クリエイティブ大喜利」からスタート。クリエイターが出すお題に対し、ペナルティ・ヒデ、ケンコバ、河本、南海キャンディーズしずちゃんが、「10年後の大高齢化社会で流行しているwebサービスとは?」などのお題に挑戦する。ヒデの「死ぬ間際までつぶやける“ツイニイッター”」という回答がクリエイターから賞賛を受けた。「チョコバナナお悩み相談室」では、芸人の悩みを、人気クリエイターたちが解決。レイザーラモンHGや楽しんごたちが本音をぶつけた。

この日のメイン企画「チョコバナナプレゼン」では、来場者の投票によって最も得票を集めたチームによしもとより開発資金として100万円を進呈。COWCOW×SHIKUMI DESIGNはリアルタイムで動画の顔に変装などが加えられる「COWCOWカメラ」を紹介した。続く河本×ココノエがプレゼンしたのは、「ソーシャルネットワークサービス生態系」。落書きがネット上でクリーチャーとして育成され、企業とのコラボやボランティアなど、現実世界とリンクさせる。iPhoneアプリ「見てる女やさかい。」を作ったチーム、ケンコバ×株式会社人間は「妄テレ」をプレゼン。女性が考えているエロい妄想が、テレパシーで端末から音声として流れてくるというコンテンツだ。

レイザーラモンRG×落合陽一が紹介した、新たな営業形式のキャバクラ「研究女」。これは昆虫など理系女子のマニアックなトークが聞けるキャバクラで、利益は研究費にまわすという社会貢献的な側面をアピールした。最後は徳井×AID-DCC Inc.が「100年に一度暴れる大男根を鎮めるべく、伝説の巫女を探そう」という企画を紹介。一見ふざけていようで、スマートフォン端末の顔認識や連携デバイスに動きを与えるというデジタル技術も凝縮したこの案が、最多数70票を獲得した。徳井は「世間のみなさんは、これを求めてるわけですからね」と満足気。賞金100万円のパネルを手に「M-1以来のタイトルとなりました(笑)」と少し照れながら語った。

お笑いナタリーをフォロー