ナタリー PowerPush - 乃木坂46

橋本奈々未&深川麻衣が明かす「大人のホンネ」

怒るよりも悲しくなることのほうが多い

──橋本さんの話を聞いて思ったんですけど、深川さんってどういうときに怒るんですか?

左から深川麻衣、橋本奈々未。

深川 えーっ……めったに怒らないけど……でも、周りに悪口とか愚痴とかを言いまくってる人はイヤです。なんて言うんだろう……自分は声を上げて怒るようなタイプじゃないから、そういうのを聞いて怒るよりも悲しくなることのほうが多いです。悲しくて泣いちゃったり。だからいっぱいいっぱいになると、ななみんとごはんに行って、おいしいものを食べて、いろんな話をしてストレス解消することで、またスッキリして次の日を迎えられるんです。

橋本 すごいよ、あなたは。まいまいみたいな子がこの世界にいるってことを、知らせてあげたいんですよ、本当に。まれに見るいい子、いい娘だから。

深川 「いい娘」って(笑)。

橋本 ここまでいい娘だと「裏があるんじゃないか?」って思ってしまう人もいるかもしれないけど、ないからすごいんですよね。表だけで生きるって、本当に強いなって思います。

──逆に深川さんから見て、橋本さんは「いい娘」だと思いますか?

深川 ななみんは……「カッコイイ娘」かな。

橋本 プッ!(吹き出す) あはははは(笑)。

深川 ななみんって独特の雰囲気を持っていて。乃木坂で話し合いをしてるときにメンバー同士がぶつかり合ったときは、ななみんの一言の重みがすごいんです。私ならそこまで考えられないようなこととか、人があまり気付かないようなこととか、そういうことを敏感に察知できるし、判断能力とか分析力がすごく長けてるんだろうなって。そういうところがカウンセラーみたいなんですよね。

まいまいの“福神”入りは「ようやくか」

──今回のシングル「夏のFree&Easy」では深川さんが初めて“福神”入りしましたが、今までと比べて何か変わったところはありますか?

深川 そうですね……私はトークが苦手で、例えば記者会見で前に出てしゃべるのができなかったので、これを機にしっかりしないとなと思うようになりました。あとファンの方から握手会で言われたんですけど、PVで映るシーンが増えたねって。「見つけやすくなった」とか「十福神に入ったらいっぱい映るようになったね」とか言ってもらえたのはうれしかったです。

──深川さんにとって“福神”というのは目指していた場所でしたか?

左から深川麻衣、橋本奈々未。

深川 うーん、目指していたというか……“福神”ってシングルごとに人数が変わるから、そこは難しいところなんですけど。でもファンの方が喜んでくれたのは純粋にうれしかったし、家族や友達からも「おめでとう!」って祝ってもらえたし……どうなんだろう……目指してたのかなあ……。

──橋本さんから見て、今回のリリースタイミングで深川さんが変わったと感じることはありましたか?

橋本 まいまい自身はいい意味で変わってないと思うんですけど……“福神”入りについては、私は「ようやくか」と思いました。まいまいにはPVにもっと映ってほしいと思ってたので。以前2人で、どうやったら自分の魅力がほかの人に伝わりやすくなるのか、自分のどこをもっとアピールしていけばいいのかって話をよくしてたんです。

深川 めっちゃしました、そういう話。

橋本 そういう話をしたときに、まいまいがいろんなことを悩んでいるのも知ってたから。一緒にいればまいまいの魅力はわかってもらえると思うんですけど、でもそれを初見でどう伝えるかってことが、まいまいだけじゃなくてこの仕事をしている人たちにとって最大のテーマだと思うので。「夏のFree&Easy」のPVの中ではそのまいまいの魅力が伝わるシーンがたくさんあったので、すごくよかったなと思いますね。

深川 うれしい(笑)。

──橋本さん自身は今回の制作を通じて何か変わった部分はありますか?

橋本 変わったというか……私は……ありがたいことにずっとチャンスにも恵まれてるし……たくさんそういう機会をいただいているんですけど……私はキープが一番ダメだと思っていて。でもここ最近はずっとキープしたままでいて……今はどうすれば次のステップにいけるか模索中です。

若いメンバーに対しては親心みたいな気持ち

──では先日終了した「16人のプリンシパル trois」で生駒里奈さんが「日本一になります」と宣言しましたが、それについてはどう思いますか?(参照:生駒里奈、総選挙14位に感謝「あの景色を乃木坂で見たい」

深川 若い子たちを中心に、将来がんばって……。

橋本 そうそう、わかる。若いメンバーに対しては親心みたいな気持ちなんですよ。

深川 たぶんこの先、メンバーもまた増えるのかもしれないし、何年か先にそういった若い世代が先頭に立ってがんばったら、きっと……。

──でも生駒さんはこの仲間たちと日本一になるんだって思ってるはずですよね。

左から深川麻衣、橋本奈々未。

橋本 ですよね。自分たちがいる間にそうなれたら一番いいかなとは思いますけど、でもいなくなったあとに達成されたとしてもそれはそれで……OGとしてうれしいですし。

──そういうことをみんなで話し合わないんですか?

橋本 たまに話すよね?

深川 うん。

橋本 でも、いつ卒業するんだろうね、私たち……。

深川 そういうタイミングになったら自分で「あ、今だ」ってわかるんじゃないかな。もちろんまだ卒業しませんけど(笑)。

ニューシングル「夏のFree&Easy」 / 2014年7月9日発売 / Sony Music Labels
Type-A [CD+DVD] / 1650円 / SRCL-8563~4
Type-B [CD+DVD] / 1650円 / SRCL-8565~6
Type-C [CD+DVD] / 1650円 / SRCL-8567~8
通常盤 [CD] / 1050円 / SRCL-8569
Type-A CD収録曲
  1. 夏のFree&Easy
  2. 何もできずにそばにいる
  3. その先の出口
  4. 夏のFree&Easy ~off vocal ver.~
  5. 何もできずにそばにいる ~off vocal ver.~
  6. その先の出口 ~off vocal ver.~
Type-B CD収録曲
  1. 夏のFree&Easy
  2. 何もできずにそばにいる
  3. 無口なライオン
  4. 夏のFree&Easy ~off vocal ver.~
  5. 何もできずにそばにいる ~off vocal ver.~
  6. 無口なライオン ~off vocal ver.~
Type-C CD収録曲
  1. 夏のFree&Easy
  2. 何もできずにそばにいる
  3. ここにいる理由
  4. 夏のFree&Easy ~off vocal ver.~
  5. 何もできずにそばにいる ~off vocal ver.~
  6. ここにいる理由 ~off vocal ver.~
通常盤 CD収録曲
  1. 夏のFree&Easy
  2. 何もできずにそばにいる
  3. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
  4. 夏のFree&Easy ~off vocal ver.~
  5. 何もできずにそばにいる ~off vocal ver.~
  6. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ? ~off vocal ver.~
乃木坂46 (ノギザカフォーティシックス)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33名が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコン週間ランキングで初登場2位を記録し、20万枚を超えるセールスを記録した。以降、2ndシングル「おいでシャンプー」から8thシングル「気づいたら片想い」まですべてのシングルがオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。また2013年10月には国立代々木競技場第一体育館、同年12月には日本武道館、翌2014年2月には横浜アリーナで単独ライブを行い、大成功を収めた。2013年5月には2期生が加入、2014年2月にはSKE48からの交換留学生・松井玲奈も加わり、2014年6月末現在計44名が在籍している。5月30日からは6月15日にかけて、東京・赤坂ACTシアターで劇場公演「16人のプリンシパル trois」を実施。7月9日には9thシングル「夏のFree&Easy」をリリースし、8月には東京・明治神宮球場公演を含む「真夏の全国ツアー2014」を全国5都市で開催する。