ナタリー PowerPush - 喜多村英梨×小松未可子

キタエリ×みかこしの「神ない」サウンド解体新書

小松未可子インタビュー

過去と未来をつなぐ“男装のみかこし”

──まず今回のシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」のアートワークについて伺いたいんですけど……。

なんかネットで少し話題になりました(笑)。

──Twitterを中心に男装っぽい中性的な小松さんのアーティスト写真とジャケット写真が「イケメンすぎる」と話題になり(笑)。それだけカッコよくて話題性もある、いいアートワークだなって思ったんですよ。

小松未可子

ありがとうございます。でも自然体というか、あんまり構えずに撮ってはいて。デビューしたての頃は「ジャケ写です」って言われると「CDにパッケージされる写真ってどんな写り方をすればいいんだろう?」って身構えていた部分があったんですけど、最近は自分の中にちょっと落ち着きが生まれてきたような気はしています。

──中性的なスタイルでいることが自然体だったんですか?

髪を切って「男っぽい格好も似合うかも」って気がしたのも大きな理由の1つなんですけど、なぜそう思ったかっていうと、男兄弟に囲まれて育ったこともあって。けっこう昔からどこか男っぽく振る舞うことがラクな自分が今回ちょっと顔を出したって感じなんだと思います。そういう私もいるんだよって。

──自分の資質や願望を素直に表現してみたら、なぜか男前なジャケットができあがってしまった、と(笑)。

そうかもしれませんね(笑)。以前よりも自分が今思っていることを周りの人たちに伝えることができるようになった結果だとは思います。ただ、皆さんもそうだと思うんですけど、その「今思ってること」はあくまで今のこと。けっこうコロコロ変わるものではあって、中性的な格好をしたいと思ってるのは今だけなのかもしれない。だから今の自分をちゃんとジャケットやアーティスト写真として収めておきたかったんでしょうね。

──そういう意味でも「終わらない~」って“シングル的”なんですね。アルバムよりもリリースのスパンが短いシングルには、その瞬間のトレンドや旬を切り取れるっていう側面もあるわけだし。

そうですね。このジャケットの裏表紙にはウィッグを付けた髪の長い自分がいるんですけど、これは過去の自分であり、これからそうなるかもしれない自分。そんなにはっきりと意識していたわけではないんですけど、音だけじゃなくてCD全体で「今、この瞬間の自分」を表現したかったんだとは思います。

リアルに桑名の話のできる人

──で、肝心のトラックなんですけど、表題曲のサウンドプロデューサーはツアー会場限定シングル「ABC」に引き続き、i-depのナカムラヒロシさん。けっこう意外な組み合わせだなって思ってるんですよ。小松さんとi-dep、小松さんとハウスミュージックって。

自分でもそう思ってます(笑)。声優のお仕事を始める前、ファンの方から「僕、ハウスが好きなんで、ぜひ小松さんも聴いてみてください」ってMDをいただいたことがあって。それを聴いて「あっ、こんな音楽があるんだ!」って、その存在を初めて知ったって感じですから。それまでってホントに狭すぎるとしか言いようのない音楽の聴き方をしていたので。

──倉木麻衣さんとかBONNIE PINKさんとか、好きになったアーティストを……。

ひたすら掘る!みたいな(笑)。そういう聴き方をしていたので、いただいたMDを聴いたときはけっこう衝撃を受けたし、そのMDが私の聴く音楽の幅を広げてくれた気はするんですけど、その経験自体が今回ナカムラさんとご一緒させていただく直接的なきっかけになっているわけではなくて……。

──ではなぜ今回のような展開に?

ナカムラさんには去年の年末に私のラジオ番組(ラジオ関西「みかこしのラジこし」)にゲストで来ていただいたんですけど、そこでお互い三重県桑名市出身であることが判明しまして。もちろんi-depさんの曲がカッコいいからっていうのが一番の理由なんですけど、リアルに桑名の話のできる方だったっていうのも入り口にはなりましたね(笑)。

ジモトの先輩の作った不思議なトラック

──いかがでした、ジモトの先輩の作ったトラックは?

専門用語がわかってない上に、ハウス歴が浅すぎるから感じたままを言葉にするしかないんですけど「あっ、こういう展開ってアリなんだな」って。

──「ABC」も「終わらない~」も正調ハウスというか、基本的にフレーズのループで構成されている。Aメロ、Bメロ、サビが明確に分かれる、一般的なポピュラーミュージックみたいな構造にはなっていませんからね。

でもすごく腑に落ちるというか。「ABC」は本当にライブで盛り上がる曲、楽しくなる曲ですし、「終わらない~」は、ピアノ1本で歌い上げる、どバラードみたいな入り方をしながらも、だんだん光が差していくかのように明るくなっていく、本当に「神さまのいない日曜日」(神ない)というアニメのエンディングテーマらしい曲ですし。「不思議な構成だなあ」って思うのと同時に「ナカムラさんってどんな曲でも書ける方なんだなあ」って感じでしたね。

小松未可子 ニューシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」/ 2013年7月24日発売 / スターチャイルド
通常盤[DVD] 1500円 / KICM-91464
通常盤[DVD] 1200円 / KICM-1465
初回限定盤収録曲
  1. 終わらないメロディーを歌いだしました。 [作詞・作曲・編曲:ナカムラヒロシ(i-dep)]
  2. LISTEN!! [作詞・作曲・編曲:前山田健一]
  3. 終わらないメロディーを歌いだしました。(off vocal ver.)
  4. LISTEN!!(off vocal ver.)
通常盤収録曲
  1. 終わらないメロディーを歌いだしました。
  2. ABC (終わらないサンバを刻みはじめました。 ver.)
  3. 終わらないメロディーを歌いだしました。(off vocal ver.)
  4. ABC (終わらないサンバを刻みはじめました。 ver.)
喜多村英梨 ニューシングル「Birth」/ 2013年8月7日発売 / KING RECORDS
初回限定盤[CD+DVD] 1890円 / KICM-91460
通常盤[CD] 1200円 / KICM-1460
CD収録曲
  1. Birth
  2. Lifetime Trader
  3. Birth (Off Vocal Ver.)
  4. Lifetime Trader (Off Vocal Ver.)
初回限定盤DVD収録内容
  • Birth(Music Clip)
喜多村英梨(きたむらえり)
喜多村英梨

「キタエリ」の愛称で知られる声優・アーティスト。2003年に声優としての活動を開始し、出演作品は「フレッシュプリキュア!」「まよチキ!」「魔法少女まどか☆マギカ」「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」など多数。歌手としては2004年4月にデビューを果たし、2011年にスターチャイルドに移籍。3枚のシングルがヒットを記録し、2012年7月に1stアルバム「RE;STORY」をリリース。オリコン週間アルバムランキングで最高5位をマークする。同11月には4thシングル「Destiny」を、2013年1月に5thシングル「Miracle Gliders」を発表し、8月には6thシングル「Birth」をリリースした。

小松未可子(こまつみかこ)
小松未可子

1988年11月11日、三重県生まれの声優、歌手。女優として活動しながら、2010年にアニメ「HEROMAN」の主人公ジョセフ・カーター・ジョーンズ役で声優としてのキャリアをスタート。2012年1月より放送のアニメ「モーレツ宇宙海賊」では主人公・加藤茉莉香の声を務め、4月には同アニメのイメージソング「Black Holy」で個人名義による歌手デビューを果たす。7月にはミニアルバム「Cosmic EXPO」、11月7日に2ndシングル「冷たい部屋、一人 / 夏至の果実」を、2013年2月13日には1stフルアルバム「THEE Futures」をリリース。同7月24日、3rdシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」を発表した。