ナタリー PowerPush - 喜多村英梨×小松未可子

キタエリ×みかこしの「神ない」サウンド解体新書

“終わらないメロディーを歌いだす”勇気

──楽曲のテイストも大きく違いますよね。喜多村さんの「Birth」はハードロックで、小松さんの「終わらないメロディーを歌いだしました。」はハウス。お互いの曲の感想は?

喜多村 曲が始まった瞬間ドキッとして。ピアノしか鳴っていない、本当に静かな世界の中にみかこしの声がスッと入ってくるんですけど、ただ単にスッと入ってくるわけじゃない。隣で歌ってくれるというか、聴いている自分にしっかり言葉や声を届けてくれる感じがしたので。その瞬間グッと心をつかまれたからドキッとしたし、スゴいな、とも思っていて。

──「スゴい」?

左から喜多村英梨、小松未可子。

喜多村 例えば音数の多い楽曲の場合、主旋律を歌う自分の声が主役ではあるんだけど、ほかの楽器だってもちろん聴かせたいので「この音の世界の大事な歯車の1つとして機能しよう」って気持ちで私は歌ってるんですが、「終わらないメロディーを歌いだしました。」の歌い出しは自分にだけピンスポットがバンッと当たっている状態。そういう状態で「はいっ、歌ってください」って言われるとちょっと不安になることもあるんですよね。自分の意志とか力量が思いっきり試されるから。特にAメロや曲の歌い出しがそういうアレンジになってると「物語の入り口だからガッツリ歌いたくもあるし、でも肩肘張りすぎるとサビというメインディッシュが生きなくなっちゃうし」とか、いろいろ考えてしまって。

小松 わかります!

喜多村 と言いながら、みかこしという人は楽器の音に頼らずに“終わらないメロディーを歌いだ”せるんですよね。しかも楽曲自体、基本的に音数が多いわけではなく、ループで構成されている。メロディやアレンジが派手に動くわけではないんですけど、だんだん開放感に満ちてくるような構造になってるじゃないですか。

小松 はい。

喜多村 そうやって曲が展開していくと、歌声もだんだん開放されていくように感じるので。最初は隣にいたはずのみかこしがだんだん高いところに登っていくといいますか。しかもニュアンスを付けないニュアンスで歌ってくれてるっていうか、あくまでみかこしの言葉で歌ってくれてるから、音の開放感を味わいつつ、曲が伝えたいこともすごくストレートに受け取れました。特にハウスって私の表現の引き出しにはないジャンルだから、ホントに感銘を受けたんですよ。

小松未可子がハウスを歌えるワケ

──引き出しにないといいながら、ループと開放感っていうハウスミュージックの魅力をちゃんと解説できる喜多村さんもスゴい気がしますけどね(笑)。

喜多村 歌う機会がなかっただけで、ハウスも好きなんです。もちろんメタル、ロックもすごい好きなんですけど、SYSTEM FとかDAISHI DANCEとか、基本的にループで展開していくんだけど、気が付いたら開放感にあふれまくり!みたいな曲も好きで、聴き慣れてはいますし。だからみかこしの曲もより深く聴けたのかなっていう気はします。大好きなジャンルだからこそ、リズムに乗りつつみかこしの言葉にちゃんと耳を傾けられたというか。

──ところがこの間、小松さんに「ハウスって普段聴いてます?」って聞いたら……。

小松 うーん……と(笑)。

──なのになぜ小松さんはハウスを歌えるんだと思います?

喜多村 声質の影響も大きいんですかね。「Cosmic EXPO」を初めて聴いたとき「みかこしの人の声ってミディアムテンポの打ち込みにすごいあってるな」「ナチュラルなんだけど、意志のある歌い方をする人だな」って思ったんですよ。透き通ってるんだけど、華奢とはまたちょっと違う。透明感があって、しかも芯のある歌声だなって。

──だからハウスみたいな、基本的にクールなんだけど、しっかり聴き手の気持ちをアゲてくれる曲が似合う?

喜多村 そうなんだと思います。私自身は歌うときには、ある意味、その歌の世界の主人公になりきるというか、けっこうしっかりと声の出し方や演じ方のプランを立てるので、やっぱり私にはない表現の引き出しをもっているタイプだと思うし、そこに憧れます。ああいうふうにナチュラルな自分をベースにしつつも、でもちょっと強い意志を感じさせる歌い方をしてみたいなあ、って。(小松のモノマネをしながら)「♪歌いだしぃましぃたっ」って。

小松 マネしていただけるとスゴくうれしいんですよ。この曲を録るときに、まさにi-depのナカムラ(ヒロシ)さんと「ナチュラルに、ストレートにメッセージを伝える曲にしよう」って話をしていて。だから「終わらないメロディーを歌いだしました」っていうフレーズもストレートに歌ってみたんですけど、そうすると、さっき言っていただいたように、スッと曲の世界に入っていくことはできたものの、ストレートすぎたというか、あんまり印象に残らなかったんです。それで「タイトルにもなっているフレーズなんだから、ちょっと引っかかりを作ろう」「誰かにマネされるくらいクセを付けたほうがいいんじゃないか」ってことになって(笑)。

喜多村 つまり私はまんまと釣られてモノマネしていたわけですよ(笑)。

小松 でも、それを指摘してくださったのはキタエリさんが初めてだったからホントにうれしくて。

喜多村 曲の出だしからホントにグッと引き込まれたのは、みかこしが印象的な歌い方をしてくれたからですから。もちろんこの曲の魅力は「♪ましぃたっ」だけじゃないんですけど……。

小松 一番重要なのは……。

喜多村小松 「♪ましぃたっ!」(笑)

小松未可子 ニューシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」/ 2013年7月24日発売 / スターチャイルド
通常盤[DVD] 1500円 / KICM-91464
通常盤[DVD] 1200円 / KICM-1465
初回限定盤収録曲
  1. 終わらないメロディーを歌いだしました。 [作詞・作曲・編曲:ナカムラヒロシ(i-dep)]
  2. LISTEN!! [作詞・作曲・編曲:前山田健一]
  3. 終わらないメロディーを歌いだしました。(off vocal ver.)
  4. LISTEN!!(off vocal ver.)
通常盤収録曲
  1. 終わらないメロディーを歌いだしました。
  2. ABC (終わらないサンバを刻みはじめました。 ver.)
  3. 終わらないメロディーを歌いだしました。(off vocal ver.)
  4. ABC (終わらないサンバを刻みはじめました。 ver.)
喜多村英梨 ニューシングル「Birth」/ 2013年8月7日発売 / KING RECORDS
初回限定盤[CD+DVD] 1890円 / KICM-91460
通常盤[CD] 1200円 / KICM-1460
CD収録曲
  1. Birth
  2. Lifetime Trader
  3. Birth (Off Vocal Ver.)
  4. Lifetime Trader (Off Vocal Ver.)
初回限定盤DVD収録内容
  • Birth(Music Clip)
喜多村英梨(きたむらえり)
喜多村英梨

「キタエリ」の愛称で知られる声優・アーティスト。2003年に声優としての活動を開始し、出演作品は「フレッシュプリキュア!」「まよチキ!」「魔法少女まどか☆マギカ」「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」など多数。歌手としては2004年4月にデビューを果たし、2011年にスターチャイルドに移籍。3枚のシングルがヒットを記録し、2012年7月に1stアルバム「RE;STORY」をリリース。オリコン週間アルバムランキングで最高5位をマークする。同11月には4thシングル「Destiny」を、2013年1月に5thシングル「Miracle Gliders」を発表し、8月には6thシングル「Birth」をリリースした。

小松未可子(こまつみかこ)
小松未可子

1988年11月11日、三重県生まれの声優、歌手。女優として活動しながら、2010年にアニメ「HEROMAN」の主人公ジョセフ・カーター・ジョーンズ役で声優としてのキャリアをスタート。2012年1月より放送のアニメ「モーレツ宇宙海賊」では主人公・加藤茉莉香の声を務め、4月には同アニメのイメージソング「Black Holy」で個人名義による歌手デビューを果たす。7月にはミニアルバム「Cosmic EXPO」、11月7日に2ndシングル「冷たい部屋、一人 / 夏至の果実」を、2013年2月13日には1stフルアルバム「THEE Futures」をリリース。同7月24日、3rdシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」を発表した。