超特急「GOLDEN EPOCH」 PR

超特急|8号車と共に、迷いなき新時代へ

超特急が11月14日にニューアルバム「GOLDEN EPOCH」をリリースする。

2016年10月リリースの「Dramatic Seven」以来、約2年ぶりのアルバム作品となる「GOLDEN EPOCH」。「黄金時代」という名が冠された今作は流麗なピアノイントロのラブソング「need you」で幕を開け、ユーキが振り付けを手がけた同曲に加えてダンサーがラップに挑戦した「Booster」、ユースケがグループを思い作詞作曲した「超特急です!!!!!!!!」「8号車との歌」、さらには6人が2組のユニットに分かれ楽曲制作に携わった「インオキナワ」「ツンデレチビ王子」など、これまで以上にメンバーの意志が反映された楽曲群が収録されている。

音楽ナタリーでは1万字を超えるロングテキストでメンバーが「GOLDEN EPOCH」の隅々にまで込めた思いを紹介する。激動の2018年を経て、自分たちの足で一歩を踏み出した6人が8号車(超特急ファンの呼称)と共に築こうとする“黄金時代”とはいったいどんな時代なのか。このインタビューから、彼らが見据えるこれからの超特急の姿を感じ取ってほしい。

取材・文 / 三橋あずみ 撮影 / 草場雄介

内容がないカッコよさって一番ダサい

──「GOLDEN EPOCH」、どんな1枚に仕上がった印象ですか?

リョウガ

リョウガ 今までの超特急を知っている方からしたら意外と言うか、予想をいい意味で裏切る形になったんじゃないかなと思っています。盤によって収録曲が違うからそれぞれの形態でも色が変わってくるんですけど、全体のイメージとしてはカッコよく大人っぽい作品になっているので……僕たち自身もそうだったんですけど、8号車も驚くんじゃないかな?と。

タクヤ 8号車が心配しそうで、ちょっと不安だったよね。

ユーキ でも、それも僕らがいろいろ経験してきたからこそと言うか。

──そう、何より成長を感じるなと思いました。まず「need you」がこれまでと全然違う方向性のリード曲じゃないですか。今までの超特急の作品だったらリードには選ばれないような、きれいなピアノイントロのラブソングで。

ユースケ うん。

タカシ

タカシ カッコよさに振り切っているなって思いますよね。デモの時点で曲の世界観がすごく洗練されていたので、自分はその印象を一層濃くするように表現したいと思いました。それと「カッコいい感じ」「大人っぽい感じ」みたいな、“感じ”にしないためにはどうしたらいいかなあって。雰囲気じゃなく、この曲にガチッとハメた歌を歌いたいから、試行錯誤した形にはなったんですけど。

──リアルに曲を表現するにはどうしたらいいのか。

タカシ そうですね。「need you」に限らず、今回のアルバムはより一層リアルさを意識して歌いました。表現をやんわりさせない。あと、カッコよさ1つ取ってもいろんなカッコよさがあるから、曲ごとに絶対にそのジャンルがかぶらないように、というのは意識しましたね。

タクヤ ダンサーの目線で言うと、この曲はよりダンスに特化した曲になりそうだと思いました。歌詞も少ないですし、音の1つひとつがカッコいいじゃないですか。だから最初に聴いたときそう感じたんですけど、実際そうなったよね。

タクヤ

──ダンスはTAKAHIROさんとユーキさんの共作なんですよね?

ユーキ そうなんです。僕が作ってTAKAHIROさんにブラッシュアップしてもらった感じで。

──そうだったんですね。そもそも、なぜ一緒に作ることになったんですか?

ユーキ 「need you」を聴いたとき、すっごい悩んだんですよ。誰に振り付けをお願いするのがいいんだろう?って。自分はただ「カッコいい」だけだと超特急じゃないと思って……なんて言うんだろうな。内容がないカッコよさって一番ダサいと思うから、内容があるカッコよさにしたかったんです。そうしたとき、“思い”を伝える見せ方がうまいのはTAKAHIROさんだと思ってお願いしました。そうしたら打ち合わせでTAKAHIROさんが「ユーキくん作ってみればいいじゃん」って。だから「これは挑戦としてやらせていただこう」と思って。

──なるほど。そこからはどうやって?

ユーキ 作り始めの段階でTAKAHIROさんから「こういうふうに思いを形にしていけばいいと思うよ」とアドバイスをもらいました。TAKAHIROさんがダンスを作るうえで意識してることとか、すごく貴重な言葉をいただいたので、そこからは自分なりに。TAKAHIROさんって感情表現が豊かで、僕はそういうところにインスパイアされた感じです。曲はカッコいいけれど、音に引っ張られすぎないように。すべてを「超特急」に置き換えて振りを作ったので、思いを強く。普段はタカシが歌で音を駆使しているけれど、この曲ではダンスでも音を駆使して表現するということをめちゃくちゃ意識して作りました。

「GOLDEN EPOCH」の音に負けたくなかった。その一心です

──そんな「need you」を皮切りに、ダンサーもラップで参加した「Booster」やユースケさんが作詞作曲した「超特急です!!!!!!!!」「8号車との歌」、ユニット対決曲の「インオキナワ」「ツンデレチビ王子」と本当にバラエティ豊かな曲がてんこ盛りになっていますが、ボーカルのタカシさんはこのアルバムが完成して、今どんな思いを持っています?

カイ そうですね……。

タカシ タカシさん?(笑)

カイ もう、感動もひとしおですよ。

タカシ

タカシ ちょいちょい、勝手にコメントするな(笑)。なんて言うんだろう。音のクオリティが高い曲ばかりだし1曲1曲振り切るっていうことが大事だと思ったので、とにかく自分が持っているものをすべて出し切るしかないと……今できることをぶつけた感じですね。いろんな楽曲があるから「どれがホントの自分なんだろう?」って思うときもありましたけど(笑)、それも全部込みで自分と言うか。8号車がどう受け取ってくれるかは全部任せて、僕は「GOLDEN EPOCH」の音に負けたくなかった。その一心です。

──では、それぞれに推し曲を聞いてもいいですか。

リョウガ 待ってました、これだけは自信ある。シーサー☆ボーイズの「インオキナワ」です(FC盤A収録)。カイ、ユーキと僕のユニット曲なんですけど、やっぱり僕が歌詞書きましたし……あと沖縄の魂、背負ってんで。

──リョウガさん、前からそんなに沖縄愛が強い人でしたっけ?

リョウガ シーサー☆ボーイズは琉球の地を夢見る男たちなんですよ。

──それと「SAIKOU KOUSHIN」で6人が作詞されたとき、リョウガさんは「もう作詞はやりたくない」と言っていた気が……(参照:超特急「Jesus」インタビュー)。

カイ よく覚えてらっしゃる(笑)。

リョウガ それはその通りなんです。そのときはまだ「インオキナワ」で作詞することは決まっていなかったから普通に本音だったんですけど、なんか伏線みたいになっちゃって、フラグ回収してしまいました(笑)。そんな気持ちがあったからか、一度締切までに歌詞を考えられなくて「ヤバいぞ」となったんですけど、ユーキとカイから「自分の好きな世界に持ち込んじゃえばいいじゃん」と言われたのをきっかけになんとか書けたので、結果すごく僕たちらしい世界観のものが作れたんじゃないかなと。僕たちのチームは歌詞、ダンス、衣装とそれぞれに役割を持って作らせていただいたので、3人のこだわりが詰まっていると思う。もう、僕はホントこれだけ。「GOLDEN EPOCH」は、この曲だけ聴いてれば大丈夫ですから。

ユーキ 間違いない。

タカシ いや、ほかの曲も聴いてや(笑)。

──座・武士道(タクヤ、ユースケ、タカシのユニット)的にはいいんですか? 対戦相手にそんなこと言われてますけど……。

タクヤ いいんじゃないですか?言わせておけば。きっと編集できれいにカットしてくれるだろうし(笑)。

──(笑)。ではユーキさんはどうでしょう?

ユーキ いろんなところで「『霖雨』が好き」って言ってるんですけど「You know, I know」も好きで。現時点ではまだわかんないですけど、今想像しているイメージでは明るい感じの振りだよなって思うので、いい意味でホッコリしそう。「超特急っぽいな」っていう着地点になりそうと言うか。

──ユーキさんはそうやって、曲を聴くと自分たちのパフォーマンスのイメージも一緒に浮かぶんですか?

ユーキ そうですね。想像が働く人なんだと思います。それこそ「霖雨」に関しては自分の中で想像がうまいことできているので、すごいことになりそうなんですよ。

──「霖雨」はこれだけ音数が少ない曲を、ダンスでどうやって表現するんだろう?と思いました。

ユーキ そうなのっ!

カイ オネエじゃないんだから(笑)。

ユーキ

ユーキ 音数は少ないけど、メッセージ性は強いんで。これは8号車のみんな、きっと心に残るだろうなっていうパフォーマンスになると思う。披露が楽しみでもあります。

──また「霖雨」はタカシさんのボーカルもすごく生々しいですよね。音と音の間のスペースが大きいから、表現にも気を使ったのでは?

タカシ おっしゃる通りで、繊細さが必要でした。それと、繊細さの中にだんだん気持ちが落ちていく感じ……「雨が止まないし気持ちも届かないし、何事もうまくいかない」みたいな感情も表現したくて。雨の日って気分が落ちるんです、僕。その感覚を思い出したりしながら、とにかく気持ちを落とすところまで落として、レコーディングしました。

ユーキ そうなんだ。

タカシ 正直このレコーディング、大変だった(笑)。帰りにラーメンとチャーハン食べた……。

リョウガ ガッツリ食べちゃってんじゃん!(笑) そういうときは何も食べるんじゃないよ、話の流れ的に。

タカシ スタジオ出て外の空気吸ったらね、なんかよくなったの。

リョウガ 解放されたのね。でも普通は喉を通らないんだよ(笑)。