映画「新聞記者」 PR

劇場支配人に聞く「新聞記者」現象|圧倒的熱量が呼んだ拍手喝采、現場から見た異例の興行 角川シネマ有楽町 支配人 原田路也

全国の劇場関係者から届いた熱狂の声!

「新聞記者」

東京都 新宿ピカデリー支配人より

連日ほぼ満席が続いておりお問い合わせが殺到しております!
普段このジャンルの作品ではあまり見る事の無い若い方たちも多く足を運んでいただいており、改めて邦画の素晴らしさを感じていただいていると思います。

東京都 ユーロスペース支配人より

この映画が全国の映画館でヒットして心の底からうれしいです。このよろこびをみなさんと共にできて、ますますうれしいです。

東京都 イオンシネマ シアタス調布支配人より

公開直前のこと。思い返せば、事務所ではお客さまからお電話で熱のこもった、お問合せや激励が殺到していました。
そして公開初週、ゲスト登壇の無い通常上映、満席の場内にて、上映後に突然拍手が起きました。私が確認しただけでも2度。
この作品に限ったことではありませんが、映画には人それぞれの感想があって当然のこと。
しかしこの作品ほど、「このお客さまは、鑑賞後にどう感じたんだろうか?」ということが気になった作品はありません。ついつい鑑賞後のお客さまの感想が聞きたくて、お客さまに「新聞記者、どうでした?」とお声をかけてしまうこともしばしば。
今後もなるべく長く、一人でも多くのお客さまにご覧いただきたい作品です。

東京都 UPLINK吉祥寺番組編成より

連日、満席が続出し、多くの反響が劇場に届いています。それはきっと、多くの方々が危機感を抱いてるからだと思います。この国の民主主義は、形だけなのかもしれないと。

大阪府 シネ・リーブル梅田営業担当より

連日満席続出! お客様の熱に圧倒されました! 日に日にお客様の熱が波及していく様子を現場で、直で、体感させて頂いております!

大阪府 なんばパークスシネマ支配人より

上映当初からヒットを続けており
この映画には中高年の方々を中心にシンクロする何かがあるのかもしれない。

北海道 ユナイテッド・シネマ札幌支配人より

シニア層を中心に多くのお問い合わせをいただいております。札幌ではユナイテッド・シネマだけの上映ですので、お客様からも“上映してくれてありがとう”と感謝のお言葉も頂戴しております!!
お客様の満足度、熱が伝わってくる今オススメの作品です。

福岡県 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13支配人より

「見応えのある映画を上映してくださりありがとうございます」と先日お客様から直接お電話がございました。映画の感想が劇場に直接届くことはあまり無いのですが、それだけお客様の心に残った作品だったのだろうと思います。社会派なイメージの作品印象もあるかと思いますが、エンターティメント作品としても素晴らしい作品となっております。是非劇場でご覧ください。

沖縄県 ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添支配人より

公開後、問い合わせ急増。鑑賞者の反応もよく口コミで広がっている様子がうかがえます。
鑑賞すると冒頭から作品に引き込まれ、あっという間の113分間でした。必見です!!!

「新聞記者」特集
新聞記者が語る映画「新聞記者」新聞記者が語る映画「新聞記者」
官邸とメディアの“たった今”を描く前代未聞のサスペンス
現役記者が忖度なしで語り尽くす
「新聞記者」
2019年6月28日(金)より全国公開
ストーリー

ある夜、東都新聞社に「医療系大学の新設」に関する極秘公文書が匿名FAXで届いた。表紙に羊の絵が描かれた同文書は内部によるリークなのか? それとも誤報を誘発するための罠か? 書類を託された記者・吉岡は真相を突き止めるべく取材を始める。一方で内閣情報調査室、通称・内調で働くエリート官僚の杉原は、現政権を維持するための世論コントロールという仕事に葛藤していた。外務省時代の上司・神崎がビルの屋上から身を投げたことにより、杉原は内閣に対する不信感を募らせていく。そして神崎の通夜が行われた日、偶然にも言葉を交わした吉岡と杉原。2人の人生が交差した先に、官邸が強引に進めようとする驚愕の計画が浮かび上がる。

スタッフ / キャスト

監督:藤井道人

脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人

原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)、河村光庸

出演:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司ほか