映画「羊とオオカミの恋と殺人」 PR

「羊とオオカミの恋と殺人」杉野遥亮×福原遥|自殺志願者×美少女殺人鬼!凸凹カップルの恋の行方は?

杉野遥亮と福原遥のダブル主演作「羊とオオカミの恋と殺人」が、11月29日より全国公開される。

裸村による人気マンガ「穴殺人」をもとにした本作は、自殺志願者の青年・黒須越郎と、彼の隣人で殺人鬼の美少女・宮市莉央の恋模様を描く物語。監督は「クソすばらしいこの世界」の朝倉加葉子が務めた。

映画ナタリーでは、凸凹カップルの黒須と宮市を演じた杉野と福原にインタビューを実施した。出演オファーを受けたときのことを振り返り「想像ができなかった」と明かす2人。その理由とは? また撮影時のエピソードや、ドラマ「グッドモーニング・コール」以来2度目の共演となったお互いの印象についても語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 文 / くれい響(コラム) 撮影 / 上山陽介

杉野遥亮×福原遥インタビュー

どう映画になるんだろう?(杉野)

杉野遥亮

──ほんわかとしたラブコメ的な展開と殺人シーンのコントラストが印象的な映画でした。お二人は、最初にこの作品の話が来たときどう感じましたか?

杉野遥亮 台本を読んだときは想像をするのが難しくて、どんな映画になるんだろう?と不思議な気持ちになりました。この作品がどんなストーリーでどこに軸があるのかを、僕はうまく捉えることができなかったんです。でも現場でいろいろなことを感じて、徐々にイメージが浮かんできました。

福原遥

福原遥 ラブコメディだと聞いていたので、原作のマンガを読んだときは「全然違うじゃないか!」と思いましたね。でも、ちょうどお話をいただいた頃に「殺人鬼の役をやりたい」と話していたので、こんなにすぐできるんだ!とうれしかったです。

杉野 あははは(笑)。

福原 原作にはグロテスクなシーンが多いこともあって、最初は衝撃のほうが大きかったし、私も映画ではどう表現されるのだろうか?と想像ができませんでした。これをどうやって演じよう……と不安も大きかったです。現場に入ると、原作よりやわらかい表現になっているけれど、作品本来の雰囲気がしっかりと残っている部分やかわいらしい表現もあることが見えてきて、少しずつイメージをつかみながら撮影を進めることができました。

──演じるにあたって、特に意識された点はありますか。

杉野 黒須の自然体なところには親近感を持てました。人を区別や差別するような人は宮市さんを好きになったりしないだろうなと。

福原 確かに!

杉野 だから黒須なりの“絶望”というか底辺を見た状態から物語はスタートしますが、彼の根底にはやわらかくて明るいものがある点はぶれたくないなと感じました。問題を抱えている2人が惹かれ合って、お互いだけじゃなく自分自身のことも少しずつ好きになっていく展開や、2人だけの世界には共感できる部分も多かったです。

殺人シーンは美しく舞うように(福原)

──劇中には、朝倉加葉子監督らしさが感じられる演出もたくさん盛り込まれています。監督からはこんなふうに演じてほしいというオファーはあったのでしょうか?

「羊とオオカミの恋と殺人」

杉野 監督は、最初に“この世界の隅っこの話”だとおっしゃっていました。黒須と宮市さんが経験していることや2人が置かれている状況を考えると、この作品は現実とはかけ離れた物語ではあると思います。でも映画を観てくださる方にはどこかリアルに感じてもらえるところがあればいいなと、ファンタジーに寄らないよう気を付けました。役を作り込むというよりは、その場で受け取ったものを素直に表現していくことを着実にやっていきましたね。

福原 私は監督に「宮市さんを一番きれいに映したい」と言っていただいたので、大人っぽかったりキュートな表情などが魅力的に見えるように心がけました。殺人鬼だけれど、普段の宮市さんは共感できるところがある女の子にしたかったので、かわいらしい部分をいっぱい出したり喜怒哀楽をつけてみたりしながら演じました。それと「殺すシーンをグロテスクに表現したくない」と監督と話していたので、美しく舞うようにできればと思いました。

──殺人シーンの宮市さんの動きは、ダンサーの方が振り付けをされたそうですね。アクションとダンスがミックスされているようでとても鮮やかでした。

福原 本当ですか! よかった!

杉野 練習してたもんね。

福原 殺陣は3カ月くらい練習しました。難しかったのは、コンテンポラリーダンスのようなしなやかな動きでいろいろな表現をしたことですね。殺される側の人と息が合わないとうまくいかないので、苦戦しながら何度も練習を重ねました。レッスンのときも「心をひとつにしましょう!」と言っていました(笑)。

左から杉野遥亮、福原遥。

──殺す側と殺される側が(笑)。

福原 そうなんです! タイミングを合わせるために相手役の方との距離感を意識してダンスの練習をしていきました。殺される側のほうが大変なんじゃないかな?と感じるほど、皆さん協力してくださいました。

杉野 そのシーンのとき、僕も横で見ていました。

福原 本当に見てました!?

杉野 半分寝てました(笑)。遥ちゃんの言う通りすごく大変そうで、タイミングが難しいだろうなと思いながら見守っていました。殺人シーンの撮影はけっこう時間が掛かったよね。

福原 あれは夜中に撮影したんですよ。終盤の、何人も殺していくシーンは特に難しかったです。

杉野 僕は遥ちゃんががんばる姿を見届けたり、寝てたり(笑)。“立ちひざ寝”をしていて遥ちゃんに「起きて、本番だよ!」と起こされたこともありました。