映画「EVEN~君に贈る歌~」 PR

「EVEN~君に贈る歌~」桜田通×栗原吾郎×才川コージ×坂東龍汰×櫻井圭佑インタビュー|メジャーデビューへ向けて“全力”の俳優たち、先行上映会の密着レポートも

桜田通、栗原吾郎、才川コージ、坂東龍汰、櫻井圭佑の若手キャスト5人がバンド・EVENのメンバーを演じた「EVEN~君に贈る歌~」が、6月2日に公開。劇中では、桜田扮するEVENのボーカル・武人へ、人気歌手のRINが憑依したことから物語がスタートする。映画にはインディーズバンドとして登場するEVENだが、現実世界ではロックバンド・サイダーガールのフジムラが提供した楽曲「アイノウタ」でメジャーデビューを果たす。

映画ナタリーでは、5月30日にレコ発イベントと対バンライブの開催を控える5人にインタビュー。楽器未経験メンバーの苦労や、ライブへの意気込みを語ってもらった。さらに後半では、本作の先行上映会のために6都市を巡ってきたEVENに密着。東京での舞台挨拶の裏側をレポートする。

取材・文 / 浅見みなほ 撮影 / 小原泰広

電子ドラムを買って、未経験だったドラムを練習(櫻井)

──映画「EVEN~君に贈る歌~」でEVENメンバーを演じられた皆さんは、「アイノウタ」でメジャーデビューが決まっています。楽器経験者もそうでない方もいると思うのですが、まずは役が決まった経緯から教えてください。

桜田通

桜田通 僕は一応、初めからボーカル役のオーディションを受けました。歌える曲を1つ持ってきてくださいと言われていて、用意していきました。

──桜田さんは「HANDSOME FESTIVAL」(アミューズ若手俳優によるファン感謝祭) や「Sakura da Festa(通称:サクフェス)」(桜田のファンイベント。ライブ形式としては3回目となった2018年は、東京・TSUTAYA O-EASTほかで開催)などで、音楽活動もされていましたよね。

桜田 はい。この映画のように音楽関係の役をやることを目標にしてきたわけではないんですが、できることなら自分が好きな音楽に関われたらいいなとは思っていました。

栗原吾郎 僕は、もともとバンド(カスタマイZ)でギターを担当していました。最初のオーディションを受けたとき、ギターが弾けるという話になって「ギター役をやってみないか?」と言ってもらったのがきっかけです。

才川コージ

才川コージ 僕は最初のオーディションで監督に「ベースは弾ける?」と聞かれて、「できないけど、練習してきます!」と答えました。それからベースを買って、YouTubeで動画を観て、1週間後の次のオーディションに向けて練習しましたね。

──ベースは一からのスタートですか?

才川 はい。一応、ギターは高校生の頃からやっていたんです。そのおかげでこうして充という役が決まったのでよかったなって思います。

坂東龍汰 僕もオーディションを経て、サイドギターの快役に決まって。アコースティックギターは少しやったことがあったんですけど、エレキギターは初めてだったのでがんばって練習しました。

櫻井圭佑 僕は一応ドラムのオーディションを受けたんですが、お芝居の審査のほうが先だったんです。そのあと「ドラムの審査までに、なんでもいいから1曲たたけるようにしてきて」という課題をいただいて、練習しました。

栗原 電子ドラムを買ったんだよね。

櫻井 そう、この間のライブイベント(参照:「EVEN」桜田通や栗原吾郎の劇中バンドが初ライブ「こうして歌えることが幸せ」)で暴露された(笑)。

才川 大事にしていたカメラを売って……。

櫻井 オーディションのときはまだ電子ドラムも買ってないです! その頃は毎日スタジオに通って練習していて、役をいただいてから買いました。ドラムはまったく経験がなかったので、とにかく大変でしたね。

引っ張ってくれるのはやっぱり通くん(栗原)

──先日のお披露目ライブでは、皆さんの和気あいあいとしたMCも印象的でした。

桜田 やっぱり一番仲良くなったのは、撮影期間ですかね。でもその前からスタジオ練習に入るたびにみんなでごはんを食べに行っていたので、だんだんと打ち解けていった感じです。

──スタジオ練習では、どなたがリードするのでしょうか。

栗原吾郎

栗原 引っ張ってくれるのは、やっぱり通くん。いつもまとめてくれます。で、一番騒がしいのが坂東龍汰(笑)。

桜田 で、一番顔がカッコいいのが栗原吾郎です。

一同 (笑)

櫻井 その通り!

才川 スタジオ関係ない(笑)。

坂東 で、一番なんでもやりたがるのが才川コージ。

桜田 で、一番家が遠いのが櫻井圭佑です。

一同 (爆笑)

櫻井圭佑

櫻井 俺はそれだけか!? それだけなのか!?

栗原 終電が早い。

櫻井 終電が早いとか言わないで! 関係ないから!

──なるほど。ということは皆さんでスタジオ後に食事へ行っても……?

栗原 はい。圭佑が1人だけ終電間近になってしまい……。

才川 22時に帰る。

一同 (笑)

ステージに立つと、自ずと快に戻った(坂東)

──先日のライブでは、それぞれご自身としてステージに立っていたのでしょうか? それとも、映画の役を演じていたのでしょうか。

桜田 僕は自分自身として立っていました。でも、ちょっとだけEVENの武人もしくはRINっていう思いもあって、正直不思議な感覚でしたね。ライブが始まったとき、「初めまして、EVENです!」って言った瞬間パニックに陥ったもん。

栗原 早い早い、初っ端から!?

一同 (笑)

桜田 俺、何を言ってるんだろう? 俺はEVENなのか? 桜田通なのか!?って、あの瞬間に改めて思ったというか。普段味わったことのないような感覚でしたね。

「EVEN~君に贈る歌~」

──桜田さんはMCで、後ろを振り返ったら櫻井さんが春雄に見えたとおっしゃっていましたね。

桜田 あれは、完全に櫻井圭佑の力です。この間はEVENのお披露目イベントという名目でしたけど、ライブシーンの撮影があったからライブ自体は実質2回目だったんです。撮影ではもちろんみんな役に入っていたんですけど、お披露目イベントのステージでもう一度春雄に会うとは思っていなかったので、本当にびっくりした。特にドラムをたたいてる姿は、ただただ春雄だったんです。

櫻井 通くんは自分自身としてステージに立ってたって言ってますけど、僕はドラムをたたくときだけは映画のことをちょっと思い出してました。でもトークのときや、演奏以外の時間はずっと素の自分でいたので、そう言われてびっくりしましたね。

才川 僕はあまり意識していなくて……。劇中のライブシーンでは、EVENはお客さんに歓迎されていないアウェイ状態だったんですけど、お披露目イベントでは皆さんが僕らを迎え入れてくれたので、ただ単に楽しくライブがしたいと思っていました。

坂東 僕は……うーん、自分では意識していなかったんですけど、普段の坂東龍汰とライブ中の僕はギャップがあるって言われましたね。

桜田 ライブもそうですけど、龍汰って写真で見るとけっこうクールっぽくて、大人びて見えるからかもしれない。笑顔のイメージがあまりなくて。普段はころっと笑うから、ギャップがある。

坂東龍汰

坂東 そうかもしれない。ステージに立ってるときは特に快になっちゃってたのかな。緊張している状態がライブシーン撮影のときと同じだったので、自ずと自分を忘れて快に戻っちゃったというか。

櫻井 でも、僕らってライブ中はファンの皆さんにどの名前で呼んでいただいたらいいんだろうね? そう思うと、ステージ上でも役のまま貫き通すほうがいいのかな、とか考えちゃうよね。

栗原 うん。

桜田 俺、それに関係してみんなにすごく聞きたいことがあるんだけど、いいですか? お客さんがTwitterやブログのコメントでライブの感想をくださったんですが、「普段の通くんのライブとは歌い方が違って、EVENとして歌っているんだなと思って驚きました」って言ってくれる方がいたんです。でも僕は「アイノウタ」をEVENとして歌おう、普段の僕とは差別化して歌おうっていう狙いは1mmもなくて。お客さんが“EVEN”っていうフィルターをかけて僕のことを見ていたのか、もしくは映画でEVENのメンバーを演じてきたからこそ、あの歌たちを歌うときに普段の僕ではなくなってしまったのか。正直わからないんですよ。そういう感想、あった?

櫻井 俺らは普段ライブしないからわからないけど、吾郎は?

栗原 僕がいただいたコメントとしては、「栗原吾郎じゃなくてEVENに見えた」っていうものはあまり多くなかったですね。どっちかっていうと、「またギターを弾いてる姿を見られてうれしい」って言葉をいただくことのほうが多くて。

桜田 そうか……。じゃあお客さんの深読みかな?

櫻井 え、でも今思うとすごくない? 「自分は意識せずに歌っていたんです」って軽く言ったけど、俺らと一緒にステージに立つとEVENに見えるっていうのは最高にいいことだと思うよ。

栗原 うん。それは映画の力だよ。

「EVEN~君に贈る歌~」
2018年6月2日(土)全国公開
ストーリー
「EVEN~君に贈る歌~」

若者を中心に絶大な人気を誇る歌手・RIN。恋人のマミにプロポーズしようとした彼は、ひょんなことから言い争いになり、家を飛び出したところでひどい頭痛に襲われる。そこへ偶然通りかかった売れないインディーズバンド“EVEN”のボーカル・武人は、RINとともに交通事故に巻き込まれてしまう……。病院で目を覚ましたRINは、意識不明となった自分の姿を目にし、自分が武人の体に憑依してしまったことを知る。マミに自分がRINであること、そして心から愛していることを伝えるため、彼は武人の体とEVENメンバーの力を借りて、ある歌を作り始める。

スタッフ / キャスト

監督:園田俊郎

脚本:吉田恵里香

出演:桜田通、栗原吾郎、才川コージ、坂東龍汰、櫻井圭佑、村杉蝉之介、岩橋道子、イジリー岡田、岡野真也、白洲迅

主題歌:EVEN「アイノウタ」(Universal Connect)

オープニングテーマ:サイダーガール「しょうがないよな」(Universal J)

EVEN「アイノウタ」
2018年5月30日発売 / ユニバーサル ミュージック
EVEN「アイノウタ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1944円 / UMCE-9011

Amazon.co.jp

EVEN「アイノウタ」通常盤

通常盤 [CD]
1080円 / UMCE-5004

Amazon.co.jp

映画「EVEN~君に贈る歌~」完全盤
2018年5月30日発売 / ユニバーサル ミュージック
映画「EVEN~君に贈る歌~」完全盤

[CD+DVD]
7560円 / PROE-1901

HMV&BOOKS online