映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

路傍の石(1960年)

ロボウノイシ

解説

明治末期。吾一少年は成績優秀だが、借金のかたに奉公に出される。その家の子女、秋太郎とおきぬはかつての同級生。二人は主人とともに吾一につらくあたるのだった。まもなく母のおりんが病で死ぬが、家を出たまま父は帰ってこなかった。すべてに幻滅した吾一は、新たな人生を求めて東京行きの列車に乗る……。

上映時間:104分 / 製作:1960年(日本) / 配給:東京映画

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー