新宿の肌

シンジュクノハダ

上映時間:89分 / 製作:1968年(日本) / 配給:ゴールド・プロモーション

解説 当時、脱ぎっぷりの度胸の良さとエキゾチックな魅力で人気があった、松岡きっこの初主演作。純情娘のチヨは、新宿の街で写真家、フーテン青年、ヤクザなどと知り合い、身を持ち崩してストリッパーになる。その彼女を、作曲家志望の青年・今井が救って、チヨは人気歌手になっていく……。新宿の街の当時の風俗(ゴーゴー喫茶やサイケバーなど)が、随所に盛り込まれている。

情報提供:ぴあ