21世紀の資本

21世紀の資本

ニジュウイッセイキノシホン

2020年3月20日(金)公開 / 上映時間:103分 / 製作:2019年(仏=ニュージーランド) / 配給:アンプラグド

(C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

解説 2014年に日本でも発売され、大ベストセラーとなったフランスの経済学者トマ・ピケティによる経済学書『21世紀の資本』を映画化。過去300年の歴史を紐解きながら、著名な経済学者の難解な数式や理論を使用しない解説と共に、今知っておくべき経済にまつわる重要課題の数々を分かりやすく解説していく。また、ピケティ本人も出演している。

ストーリー 『21世紀の資本』は、2014年に発売された経済学者トマ・ピケティによる経済学書。日本でも発売され一大ブームを巻き起こした。しかし、同書は難解な数式や複雑な理論も多く含んでいて、それを著者や著名な経済学者たちが映像で表現して解説していく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全11件)