映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

文福茶釜

文福茶釜

ブンプクチャガマ

解説

『破門』『後妻業』などで知られる直木賞作家、黒川博行の同名小説を基にしたコメディタッチのミステリー。関西を舞台に、古美術でひと儲けを企む者たちの騙し騙されのバトルを、ユーモアたっぷりに描き出す。主演はその演技が高い評価を受け、個性派として活躍の続く駿河太郎。総額1億円以上という劇中に登場する骨董美術品の数々にも注目を。

ストーリー

骨董ディーラーの佐保は相棒の涼香と共に、とある蔵屋敷へ。そこで家主から亡き亭主が大事にしており、本物なら500万はくだらないほどの茶釜を大阪民具研究会なる初出し屋に騙しとられたと聞く。その汚いやり口に怒りを覚えたふたりは茶釜の奪還計画を練る。

2018年10月20日(土)公開 / 上映時間:87分 / 製作:2018年(日本) / 配給:KATSU-do

(C)2018吉本興業

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー