アランフエスの麗しき日々

アランフエスの麗しき日々

アランフエスノウルワシキヒビ
LES BEAUX JOURS D'ARANJUEZ

2017年12月16日(土)公開 / 上映時間:97分 / 製作:2016年(仏=独=ポルトガル) / 配給:オンリー・ハーツ

(C)2016-Alfama Films Production-Neue Road Movies

解説 第73回ヴェネチア映画祭コンペティション部門に正式出品された、巨匠ヴィム・ヴェンダース監督初のフランス語映画。ヴェンダース監督の長年の盟友でもある作家ペーター・ハントケの戯曲を基に、庭の木陰のテラスで語り合うひと組の男女の姿を映し出す。『永遠のジャンゴ』のレダ・カテブ、『愛のめぐりあい』のソフィー・セミンが主演を務める。

ストーリー とある夏の午後。おぼろげなパリの街並みが見える、小高い丘の上に建つ一軒家。庭の木陰に置かれたテーブルを挟んで、ひと組の男女が座っている。ふたりは性的体験や子供時代の思い出、それぞれの記憶、夏の本質、男女の違いなどについて長い対話を繰り広げる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)