八日目の蝉

八日目の蝉

ヨウカメノセミ

2011年4月29日(金)公開 / 上映時間:147分 / 製作:2011年(日本) / 配給:松竹

(C)2011「八日目の蝉」製作委員会

解説 壇れい主演で連続ドラマ化もされた角田光代の同名小説を、『孤高のメス』の成島出監督が念願の映画化。愛人の赤ん坊を誘拐し、自分の子として育てた女性の実像を、成長した“娘“が自身の呪われた半生に決着をつけるように見据えていく姿を、じっくりと炙り出す。井上真央、永作博美が、共に難役に挑戦。求心力のある芝居を見せている。

ストーリー 妻子ある男と愛し合い、その子を身ごもりながら、あきらめざるをえなかった女。彼女は同時に、男の妻が子供を産んだことを知る。その赤ん坊を見に行った女は、突発的にその子を連れ去り、逃避行を続けた挙句、小豆島に落ち着き、母と娘として暮らしはじめる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:成島出
原作:角田光代

キャスト

秋山恵理菜:井上真央
野々宮希和子:永作博美
安藤千草:小池栄子
秋山恵津子:森口瑤子
秋山丈博:田中哲司
沢田久美/エステル:市川実和子
沢田雄三:平田満
岸田孝史:劇団ひとり
エンゼル:余貴美子
滝:田中泯

沢田昌江:風吹ジュン

八日目の蝉の画像