BOX 袴田事件 命とは

BOX 袴田事件 命とは

ボックスハカマダジケンイノチトハ

2010年5月29日(土)公開 / 上映時間:117分 / 製作:2010年(日本) / 配給:スローラーナー

(C)BOX製作プロジェクト2010

解説 かつて『TATTO(刺青)あり』でも、実際の事件を映画化した高橋伴明監督が'66年に起き、冤罪か否かでいまだに解決していない、袴田事件の内実に迫った1作。放火により一家4人を殺害したとして逮捕された元プロボクサーの裁判を手がけた裁判官が、判決に疑問を抱き、弁護士に転身して、無罪証明のために奔走する重量級の1作だ。

ストーリー 昭和41年の未明、清水市の味噌工場が放火され、その焼け跡から一家4人が刺殺され焼死体で発見された。その後、容疑者として工場で働いていた元プロボクサーの袴田が逮捕される。だが主任判事として事件の担当についた典道は、警察の取調べ内容に疑問を抱き……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)