行旅死亡人

行旅死亡人

コウリョシボウニン

2009年11月7日(土)公開 / 上映時間:106分 / 製作:2009年(日本) / 配給:マジックアワー

解説 身元不明の引き取り手のない遺体を指す法律上の表現、行旅死亡人をモチーフにしたミステリアスなドラマ。自分になりすましていた謎の女に遭遇した女性が、好奇心から彼女の人生に迫っていく。10年前に実際に発生した事件をヒントに、木村祐一監督作『ニセ札』の脚本を担当した井土紀州が映像化。やがて明かされる、身元不明女性の壮絶人生に絶句!

ストーリー ノンフィクション作家を目指している24歳のミサキは、ある日、自分が病院に搬送されたという奇妙な電話を受け取る。ミサキが病院を訪れると、そこにはかつての勤務先の先輩だった靖子がいたが、靖子はミサキの住民票を使って、彼女になりすまして生活していた。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)