映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

憑神(つきがみ)

憑神(つきがみ)

ツキガミ

解説

『鉄道員<ぽっぽや>』の名コンビ、小説家・浅田次郎と名匠・降旗康男が再びタッグを組んだ幕末人情時代劇。ひょんなことから3人の憑神を引き寄せてしまったしがない下級武士が、彼らに立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描き出す。人間味あふれる神様たちとの丁々発止の会話を繰り広げる主演の妻夫木聡が、ツイてない男の悲哀をコミカルに表現している。

ストーリー

婿養子先を追い出された下級武士・別所彦四郎は、出世できず落ち込む毎日。そんなある日、ツキを変えようと寂れた祠に手を合わせたことから貧乏神、厄病神、死神にとり憑かれてしまう。やがて災難が次々と起こり……。

2007年6月23日(土)公開 / 上映時間:107分 / 製作:2007年(日本) / 配給:東映

(C)2007「憑神」製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー